スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジア

校庭に引かれた白線が、こんなにも夏の空に映えるものとは思わなかった。
今日は年に一度の競技大会。
この日のために誰一人サボることなく練習が続けられたんだ。

我が校の競技大会では、種目はひとつ。
「クラスたいこうリレー」だ。

朝10時。
校長先生の話が終わり、ついに大会が始まった。

1レーンは1組の荻原。こいつはスタートダッシュがすごいと聞く。
2レーンは2組の山平。カモシカのような足をした女の子だ。
3レーンは3組。うちのクラスだ。走者の三田はユニークさが売りだ。
4レーンは父母チーム。誰かのお父さんのようだ。

「では、位置について。」

小山先生がピストルを構える。

「よーい!!」

軽い破裂音の中、ついにレースがスタートした。

まずは1レーンの萩原がひっくり返り、背中を地面にこすり始めた。
さすがだ。

2レーンの山平は座り込み、盛んに「おべべ」と言っている。
常套手段だ。

三田は砂を手に取り、口に入れようとし始めた。
何でも口に入れるのは小さい子にはあるそうなのだが、なかなかできない事をするのはさすがだ。

どこかのお父さんもがんばっている。砂で山を作り始めていた。


「クラス退行リレー」は、いかに幼児っぽく保護者(先生、一般公募)の心をくすぐることができるかが焦点となった競技だ。

序盤は、三田の活躍が光った。
多くの保護者が彼のところに集まり、「ぺッ、しなさい。」と言っている。
自分が許す限り退行し続け、ポイントを獲得できるこの競技では、彼のように要点を抑えつつ長時間一線で戦える人材は貴重だ。

1組も順調にポイントを稼いでいるようだ。

悲惨なのは2組と父母チームだった。

2組の周りは「おべべって何だろう・・・。」という、競技どころではない問題が発生してしまっていた。

父母チームは恥ずかしさのあまり微動だにできなくなったお父さんがいた。
誰かが囁いた「即身仏」という言葉と年齢相応の顔つきにより、とりあえず退行からは一番離れたところにいるのは明白だった。

序盤はほぼ横並びだった1組と3組だが、中盤でうちのクラスの山野がミスを犯してしまった。
ほどけた靴紐をすばやく結んでしまったのだ。

それを見ていた1組の走者は、うまく靴紐をほどいた後、駄々をこねた。

山野の綺麗に整った蝶々結びを見たクラスの誰かが、僕の出番が近づいたことを知らせてくれた。

僕は、校内の階段に座り、歓声だけを聞いていた。

この様子だと、保護者全員に親心を抱かせなくてはならないだろう。
動きだけで人の心を掴むことは難しいことだ。


でも。


僕は立ち上がった。

僕の頬が、斜陽で赤く照らされた。
スポンサーサイト

問題集を探せ!!

別冊解答集

問題A解答
(1)
ア.21世紀
イ.ねずみ
ウ.耳
エ.どら焼き
オ.偽善者

(2)
ア.バードマン
イ.さる
ウ.アイドル
エ.あまり出ない
オ.偽善者

問題B解答
(3) どぶろくをどぶろくと思わせない行動

(4) 出さない出せない出させない昇竜拳

問題C解答

模範解答
(5)
「愛っていうのは、そこら辺にあるもんじゃあないよ。」
「さりげなくの「さりげ」っていうのは、そこら辺にあるもんじゃあないよ。」

(6)
「まぶしいね。君の白い歯。」
「もっとこの間のようなステップを見せてくれ。」

(7)
「君だけはファインダーから外れて。」
「君だけは気功砲から外れて。」

半熟の日常生活

・・・。

・・・・・・危険だぜ・・・。

今日の俺は危険だ。

自転車で古本屋行く途中、狭いT字路で止まってると車がウインカーを付けずに曲がってきたぜ。

何や・・・。
相手自転車ならウインカー付けないでええんかい・・・。

そうきたか世間・・・。

俺を止めてみなディスティニー・・・。


一時停止の場所に車と同時に到着した。

車の奴、俺が確認してスタートしたら、自分は確認せずにスタートしたぜ・・・。

お前・・・、俺を毒見係にしたな・・・。

・・・、危険だぜ。
お前は俺の、あごの下にあるくせっ毛に触れたぜ・・・。


歩道で歩いている親子、男の子がウルフカットだぜ・・・。
危険だぜ・・・。

本屋のポップに惹かれたのに、その本自体はその近くに無かったぜ・・・。
トラップだぜ・・・、この世界はトラップだぜ・・・。

パソコンが入れたCDを出してくれなくなったぜ・・・。
イジェクトだぜ・・・。

コンビニの店員さんがすごく丁寧にお釣りのお札を数えてくれたぜ・・・。
お前を信用していないわけじゃないぜ・・・。


この世は危険だぜ・・・。
とりあえず今日はあごの下のくせっ毛を剃ることにするぜ・・・。

彩られる記憶、腐食する記憶。

ソニーのハンディカムか何かのCMで、こんなのがありました。

夕焼けの土手を自転車をひいて歩く女子学生(ミカ)。
何かに引っかかって転んでしまったところにやさしく手を伸べる男子学生(ユウ)。
触れ合う手。
見つめ合う二人。
そんな出来事を外国人のおじいさんが見ていました。
そのおじいさんは神か何かであるらしく、それを見ながら言いました。

「人間はおかしなものだ。大切になるだろう出来事を記録せず、記憶にたよるのだから。」

ごめん。全体的に曖昧です。特に「夕焼け」から5行分、かなり憶測入ってます。
名前付けた意味もありませんでした。

だいぶ昔のCMなんですが、心に残っています。CM通り、記録にはないんですけどね。

皆さんそこそこ生きていたと思うので、記憶というものがいくらでも変わってしまうという事実は承知されていることと思います。
ちょっと例が出ない人でも、「同窓会、学校内、昨日の晩御飯、プロポーズ」というキーワードであら不思議。

実際プロポーズをしたことない人だって、「あなたからプロポーズされた、おまえからプロポーズした。」的なぬるいドラマ展開を感じることでしょう。


どうしても、記憶というのは変化するようです。

たぶんこの「変化」は、「事実」という点からすると明らかに「劣化」です。

でも、しょうがありません。「人間だもの」。
「人間だもの」。方向性が危ぶまれたらこれで行こうと思います。

まー、劣化しようが何しようが記憶があればどうにかなります。
そんな記憶のおかげで生じるものもありましょう。

困るのが、記憶すらないというところでしょうか。

最近、物忘れがひどいんですよ・・・。



とりあえず読んだ人、上のCMで登場したルミコとケンヤのラブストリを心の中で育てといてください。
記録、可よ。

睡眠欲>好奇心>目薬についてくるポーチ

天井の一部がぼんやりと光っていて困ります。

最初は窓からの光が入っているのかな?、と思ったんですがそうでもなさそう。

はっきりと見えるわけではなく、うっすらと20cmくらいの不定な形に光ってます。

最初は金星に住んでいる友達かな?、と思ったんですが、そうでもなさそう。

色は付いておらず、午前二時ごろに見えるというか、その頃に消灯するというか・・・。

最初は昔よく遊んだ沢淵くんかな?、と思ったんですが、彼はまだ生きていそう。


冒頭に書いたような困ることは、ごめん無い。

ただ一つ残念なのは、せっかく光っていても僕はそれに近づくことがなく、「また光ってるや」程度で寝てしまうことです。

ちなみに一番最初に気付いたときは「光ってるや」程度で寝てしまいました。

よく見てみたら何かあるかもしれないのに、寝るギリギリまでなんかしている僕にとって、沢淵くんがどうこういうよりも眠いんです。



これではいけないと沢淵くんの方も思ったのか、最近光る位置が僕の寝るところに近づいてきました。

こいつはどえらいホラー感。

淳二なら会場の2?3人を失禁させる力(たぶん、触らずに3mmのガラスを割ることができるくらいの力)をこの話に持たせることができます。


今、その光は悪い霊なのではと考えています。

夜中にその光を間近に見ようとしたら、僕はくるくる回る椅子に立たなければなりません。
そんな無防備な瞬間を狙っているんだと思います。

軌跡はぺんぺん草だらけ

このブログは、案外気の利いたことを書いています。

何故そう思うのかというと、書いた本人が「これ、おもしろいなー」とか感じながら見てしまうから。
自分で自分を褒めてみた。

なので、現在2700カウンタの内、2000カウンタは確実に僕が打ちました。
ダメネ。


管理者の場合、カウンタが動かなければいいのに。
明かな嘘をつく時、マユが動じなければいいのに。
泣きたくなった時、海に行けばいいのに。


今日は(も)何も書くことないので帰りますが、ぜひ昔のも見てみてください。
ノリと趣向は150回やってますが変わっていませんよ。

あの?、モノポールってありますかね?

人間、誰だって何かを探しながら生きるもの。

いつか書いたけど、中世の騎士達は失われた「聖杯」を探し求めるのがひとつの理想だったらしいし、僕たちは赤い糸で結ばれた人(だいたい異性)を探し求めている。

「タイムボカン」というアニメは、ダイナモンドとかいうのを見つける旅だし、うちの廊下で寝ているネコは、実は夢を探している。


僕にも探しているものがあります。

まずは懐中時計。
シンプルなのに加えて、とにかく秒針が動くときの音がでかいヤツを探しています。
「ここまで有無を言わさず時を知らせ奏でるのか!!。」という感じのを探している。
見つかったらうれしさもひとしおだろう。

そして帽子。
昔のコントなどで中国の人がかぶっているような六角形のヤツ(パコってかぶれそうなやつ。キョンシーのではない)で、とりあえず無地で濃い緑色でと、読み手を考えない、日本語を崩壊させるほどの要求。
これだけ制限をかけてしまってはなかなか見つからないのも仕方がない。
けど、見つかったときの喜びはふたしおだろう。

次に棒磁石。
これはそこそこ量販店などで見かけますが、「これぞ!!」というものはあまりありません。
Uの字の磁石は邪道だ!!。


最後。ずいぶん昔から探しているもの。

それは「ルパンの水着」。
知らない人は申し訳ないけれど、シマシマ模様のイカした七分袖だ。
これは、ない。
男性用のところにも、女性用のところにもない。
姉も探している。

どこかで見たら、連絡求む。

僕らに約束された事象

「運命」というものを信じている僕は、弱虫なのだろうか。
例えば好きな女の子とばったり道で会ったりするとそれを感じたし、いやなことが立て続けに起こることも、自分の力ではどうしようもできない気がした。
僕はどこかに「アカシックレコード」みたいなものがあって、人間はそれに抗う事はできないんじゃないかと考えている。

けれど、そんなことを言う僕をみんながいじめる。

そんな時、僕はある人のうちへ行く事にしているんだ。


「こんにちは」

-やあ。

「みんなはいじめるけれど、運命ってありますよね?」

-いきなり難しい質問だね。
そう。
例えば、運命が無かったら、受け手側はそれに気付くことはないよね?。

「うん」

-かと言って、運命があったとしても、分からないと思うよ。偶然の一致だとか言ってね。

「そうかぁ」

-もしあったとしても、それを感じるにはあまりに人間の命は短すぎるのかもしれないよ。

「うん」

-でも、この世の中には、運命とは違うけど「そこそこ約束された事」というのがあるよ。

「ほんと?」

-例えば、レンタル屋さんでクラシックのCDを借りてごらん。音が小さめで記録されていることがだいたい約束されているから。

-また、みんなで使っているプリンタなのに、なぜか特定の人のときだけ紙詰まりが起こったりするのも約束されているんだ。

-雨の日にデパートで配られている傘用の袋に空気を入れてチャンバラするのも、だいたい約束されているよね。

-少しだけ都心から離れた駅近くのお店の外壁には、だいたいだけど「出没! アド街ック天国で紹介されました」っていうビラが貼ってあるという約束もある。


「結構約束された事って、あるんだね!」

-そうだね。

「でも、その約束って誰と誰の間のものなのかなぁ?」

-・・・それは言っちゃいけない約束になっているんだよ。

連鎖する物語と楽しみ

上下巻が発売されている小説を読もうとする時、下巻から読む人は島耕作(イメージ)くらいでしょう。
つまり、時間がないのであらすじみたいなものと結果を読むわけです。

そんな人はあんましいないと思います。
上巻がないと下巻の内容が分からなくなったりするからです。

この例では「上、下」と、上を読む必須性が明らかになっていますが、それが明確に提示されていない場合、どういうことになるのでしょうか?



昨日、映画「時をかける少女」を観に行きました。
一度このブログでもぬるく語ったことがあります(http://nimbus7942.blog66.fc2.com/blog-entry-27.html)。

原作と比較して、ある程度は踏襲しているものの登場人物の名前や性格はほぼ原型を留めていません。

隣で見ていたコ(残念なことにどっかのアベック)がビビるくらい涙目になっていた僕は、映画館を後にしたとき思いました。

「男一人で映画を観るのは悲しいなぁ」
違う。

十分に面白かったです。原作を知らなくてもほぼ困るところはないと思います。もちろん、原作を知っているとにやりとする場面もちらほら。

しかし、僕の中では、さらに映画を面白くする要因が一つありました。

実写版の「時をかける少女(たぶん80何年かの)」です。
これのラストはちょっと悲しめ。原作にはない内容。
古い映画です。

これを見てないとよく分からんところがあったっぽい。

「少なくとも原作と昔の映画を見てないとよく分からんところもあったなー」と思ったわけです。

ただ、お客さんの中に初老のご夫婦がいるのを見たとき、今回の「よく分からんとこ」をよく分からんとこにする必須性というか、必然性というか、商業的というか、みたいなものを少し感じました。

それはたぶん過去の映画と、それを見たことがある人に対する救済みたいなものだと思います。
欲張りな映画だなー。

先ほど書いたように、単発でも面白い映画でした。
面白かった人はその後、原作読むでしょ?、実写版も見るでしょ?、そしてもう一度これ観なくちゃいけないから、楽しみ増えてうらやましいなー。

一応「上、下」の関係はあるものでも、それに興味を持ちさえすれば、それほど順番は意味を成さなくなるようです。


それにしても映画の人はずるい。

こんなことしたら。
こんなことしたら、僕もまた原作と昔の映画を見て、映画館に行っちゃうじゃないか!!。


*ちなみに勝手に僕が感じたことなので、ほんとの思惑なんかはぜんぜん分かりません。

無血開城を目指すキミに。

こないだ褒め言葉について書いたので、今度は褒めてない言葉を考えてみました。


1.「君のニックネームは「わたぼこり」ってことが学級会で決まったんで。」

2.「あなたほど改良しがいのあるサンプルは、そうはいない。」

3.「君のせいでBボタンが引っ込んだままになってしまったよ。」

4.「お前の現在地点、「おさかな天国」じゃねぇか!。」

5.「猿ぐつわ似合いそうだね。」

6.「何気安く存在しているんですか。」

7.「どうしても君とは貿易摩擦が発生するなぁ。」

8.「やーい。お前の母ちゃん fall'n love !!。」

9.「お前が夢に出ることだけは、制御しているから。」

10.「もう「笑撃」を使うのは十分やっただろう?。」
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。