はなきんの儀

夕食を済ませ、その片付けに来たおばはんから周辺のことを聞きだす。

ほう、近くの神社で何か行事があるらしい。


カメラを持って行くことにした。



その行事は「月」への感謝だか何だかをするらしい。


その日はバッチリ曇りで、感謝の対象は今のところ拝めない。


別に屋台などが出ているわけではないので、境内をうろつく。

すると、にわかに中庭が騒がしくなってきた。


はかま姿のおじさんが闇からぞろぞろ現れて、「いかにも」って感じの楽器を奏ではじめた。

そして、月への感謝を、立ったり座ったり、団子を供えたり舞したりで表現した。


要するに、僕はちゃんと見てなかった。
夜の神社と言うだけで十分楽しかったんである。



しかし、儀式も佳境というところで雲がさっと流れ、満月が煌々と夜空に輝いたとき、正直こいつらやるな、と思った。

夜の神社で満月。
知り合い全員にメールを飛ばしたい心境である。



それにしても、来た日がちょうどその行事にあたっていてよかった。
ついてるなぁ。


行事も終わり、儀式に使ったすすきを持って帰るとご利益があるとかいう放送が流れはじめたのでそこを後にする。



ふと、神社を出たところにある看板に目が行った。
「○○の儀、本日開催。」


そしてその隣には
「××の儀、何月何日予定。」
一週間後である。


宿で聞いてみると、集客のためか、かなり頻繁に行事があるらしい。

そういえば、看板には「第二回 ○○の儀」とあった。


に、二回目かぁ・・・。

嘘はうけません。

とにかく人である。
どこに行っても観光客ばかりである。

わくわく動物ランド調だと霊長目ヒト科ホモサピエンスだらけ。
ムスカ調だとごみだらけ。


もう、寺の敷地内なのか歌舞伎町なのか分からなくなる。

ちなみにテラの敷地内とすると、僕ら仲良しみな兄弟となる。


こういう思いをする機会は多い。
もちろん自分もその中の一因を担っていることにも気付いているけど、こんなに多くなくても・・・、とか考えてしまう。


このとき人間は、時間の差はあれど、
周りの人が自分と同じような質量を持ち、自分と同じような人間関係を持ち、自分と同じように物事を考えていることを忘れる。

こう聞くと、当たり前のことだから忘れたりしないと思うかもしれないが、誰でも忘れるときがあるのは確実だろう。

そして、その時間が長いような人は、この街はけっこう住みやすいはずだ。




君は、そんなことは忘れないというような、綺麗な目をしているね。

どう?。
これから僕らの体重について語り合わない?。



宿泊先でかわいい従業員の人がいたら使ってみようと思ったが、
来たのはおばちゃんと外国の方だった。




確実にダメな感じ2×2である。

生ける仏は義務教育

お寺にでも行くしかない。


みのもんたも寝ているかもしれない時間にバスは到着し、僕は雨の路上にやんわり放り出された。


確か、近くにたくさん仏像がある寺があるはず。

それを思い出し、歩いてった。



早朝。
寒い。
雨。


だいぶ「うきうき、寺気分」にはなれないが、着いた。



!!!!

なんということであろうか!!。

いくつもの立像がある中、歯が抜けたように空間が。

そこには
「現在修復中」だの、
「なんとか博物館の要請につき、出陣中」だのの立て札が。


「修復中」の君。
欠席扱いなんで。


「出陣中」の君。
「出陣」って言うんだ・・・。



立て札よりも花瓶か何か置いた方がいいのにね。

近くにいた中学生に言おうと思ったけど、彼は像たちに向かって手を合わせていたので、僕は彼に手を合わせてみた。


君、今「仏像の数+1」になったで・・・。

雨音のシーン

雨は強くなる一方だ・・・。


バスが高速に乗ってから1時間ほどたつ。

さっきまで騒がしかった車内は、嘘のように静まり返っている。



僕の隣は、夜行バス初というギター持ちだった。

とりあえず僕は日本人と韓国人のクォーターで、我が家でも「冬のソナタ」が大人気であったことを伝えた。


どうでもよい上に嘘の情報を与えられた彼が喋らなくなってずいぶんたつ。


どうでもいいんだけど、せっかく気の利いた(?)嘘をついたんだから、彼にも嘘をついてもらいたいものだ。




「なーんてね、寝てないよ?ん!!」
とか言ってもらいたい。



「じゃーん!!。ギターじゃなくて新巻鮭でした?!!」
とか言ってもらいたい。



「実は、地球人じゃないんですヨ?!!」
とか言って、住民票を見せてもらいたい。



「実はこのバス、パリ行きでした?!!」
とか言って、もらいたかったのに・・・。




明日はだいぶ早く到着する。

彷徨のしおり

「もう少し早く家を出ればよかったな」
そう思ったが、どうにもならない。




出かけることにした。
夜行バスはほぼ満席だったけど、どうにかひとつ、席を予約できた。

一人旅だ。



で、まんまと遅刻しそうな僕は電車の中で色々なパターンの謝りかたを考えていた。

1時間30ほどかかる道のりを、ほぼ1時間で進まなければ間に合わない。

でも、電車なのでいくら吠えようと、太ももの下に手を突っ込んで暖をとろうと、どうにもならない。

なので、夜行バスにギリギリ間に合ったときの謝りかたを考えていたのだ。




息切れは必須だとして、他にはどうするか・・・。

・・・3世だな。
何かの3世という感じにしよう。

あっ、ここの駅はすごく人が乗り降りするんだ。
よし、みんな急いで降りたり乗ったりするんだ!!。

・・・
よし、差し引きちょっと乗客少なくなったから電車も軽くなり、スピードが出るはずだ。

行け、行くんだ電車。
走った後のオイルは、おいしいに違いないぞ?。

ん?。
電車だからオイルはいらないのか?。

よく分からないけど、石炭かオイルかって言ったらオイルだよな。


あ、謝りかた考えなくちゃ。


とりあえず息切れはデフォとして、他にはどうするか・・・。

・・・大阪弁っぽいのだな。
大阪弁っぽい言葉使いでフレンドリィな感じにするんだ。

いける。
これでいけるぞ・・・。





バス乗り場には何故か、一番乗りで着きました・・・。

因果の間に、紅茶でも。

どうも、断れないタチだ。

この間、テキトーな喫茶店で紅茶を飲もうと思ったのですが、結果的には一番高いやつを飲ませれてしまいました。

確か、「セカンドなんとかー」とかいう紅茶。


茶で、セカンドとくれば二番煎じのことであるのは明白である。

断れなかったがため、静岡県民なら怒り心頭に発することに800円を払ってしまったわけだ。



断れなかったことの、自分に対する怒り。

いやー、危なかった。
もしこの怒りが静まらなかったら、たぶん月を3cmくらい地球に近づけてたと思う。



ちなみにこの怒りを静めたのは紅茶のおいしさでした。

無気力は死んだフリも同然

ちょっと、今日のブログは問題提起だ。

やはり現在、地球環境は悪化し続けている。


何と、近所で見つかっているコメツキムシの一部が、はじかなくなっているのである。

<よく分かる解説>
*ここからは平成教育委員会もしくはプロゴルファー猿の解説シーンをイメージしていただきたい。


・コメツキムシというかぶと虫の仲間がいる
・噛んだり刺したりしない
・ヒトは、ひっくり返えすことさえできれば、虫から3カウントを奪うのは比較的簡単だと考えている
・コメツキムシはひっくり返されると後頭部っぽいところを地面に打ちつけ跳ね上がり、元に戻ろうとするパワーキャラ


と、このようにアツい虫なのだが、最近のコメツキムシは何だがそのアグレッシブなものが見られない。

ひっくり返されても死んだフリ程度で様子見。
なんとも保守的、無気力になってしまっているのである。


僕はコメツキムシと友達ではないので、はじく種類とはじかない種類の区別などはわからない。

だが、これはおそらく環境変動による影響の局所的例なのだと思っている。
この影響で、どんどん無気力な行動を取るようになる。

オレンジ色のヘンなのを出さなくなるアゲハチョウの幼虫。
指でつついてもファイティングポーズを取らないカマキリ。
クワガタは口(?)開きっぱなしだ。


とにかく、コメツキムシを知っているヒトにとって、米つかないコメツキムシは残念なのである。

信玄餅を食べたとき、タレが大量に残ってしまうくらい残念。
ケパブを食べたとき、ヨーグルトソースが垂れまくってしまうくらい残念。
焼きあがってしまったもんじゃ焼きくらい残念。

だいぶ残念だ・・・。


結論
コメツキムシを見たらひっくり返して遊ぼう!!。

これから余る、ひとつのパーツ

?「君には良心というものがないのかね?。」

容疑者「いえ、あります。」

?「あるというのなら、あんな残忍な事件を起こすはずないだろ。」


容疑者「でも、僕ほど良心を大切にしている人間は、そうはいないと思います。」

?「うそつけ。どっかに置いてきたんだろう?。」


容疑者「ちょっと違いますね。今はちゃんとした場所に取っといてあります。」


?「???」

容疑者「僕の良心は取り外しがきくんです。しかも育てることができる。」


?「そだてる?。」

容疑者「この間はビフテキを食べさせましたし、日光浴も欠かしたことはありません。」


?「お前、あれか?。良心と両親をかけて、俺と勘違いコントでもするつもりか?。」

容疑者「もちろん「良心」ですよ。もう、空を飛べるほどに成長しました。」


?「・・・」

容疑者「ですから、いざと言うときはちゃんと僕の心に戻ってきてくれるはずだったんですが・・・。」


?「育てすぎて鳥かごから出られなくなった、とでも?。」

容疑者「・・・」


?「至急、コイツの自宅に行って、鳥かごを開けてくれ。何も入っていなくても、だ。」

容疑者「えっ。今の話、信じるんですか?。」


?「もっとも、そいつが戻る場所はもうないかもしれないけどな。」

ワンコイン人生

「生きる意味?。
それを探し出すために生きているんじゃあないか!!。」


とかいうセリフがあります。




今集めている食玩を買ったら、次回に僕の好きなヤツが出ることが判明。
発売日までは3?4ヶ月ほどある。





・・・

僕の「生きる意味」は3?4ヵ月後に更新されるわけだ。

品がないでゲすね

人と会って、何かを話したりすることが得意な人はすごい。
あれは難しいし、色々考えると疲れる。


けっこう前、そんなことを考えながら日々を過ごしていたら突然、喋っているときに「ゲ」を入れそうになる自分に気付き、ビビッた。


「あそこのラーメン屋はチャーシューがおいしいんですよねー。」

「えへへ。そうでゲ、そ、そうですよね。」


!!!!!!

あぶねー、俺!!。
今、「そうでゲすよね」って言いそうになったよな!?。


あの頃の俺にアクション映画なんて必要なかった。
毎日の会話がスリル満点だったから。

一歩間違えると「ケチな盗賊の子分A」とかになる。
ひげ面、ちょっと濃いめの顔立ち。
ハエのように、いつも手もみをしている。
笑い声は「ヒッヒッヒ」。
使っている人を見たことないけど、「しめしめ」が似合う。

「ゲす」の響きはこのくらいのイメージを相手に与えてしまうのだ。



いつ「ゲす」と言ってしまうかもしれない会話。

人と会って、何かを話したりすることが得意な人はすごい。
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ