スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話は十進数で進む。

携帯電話の暗証番号が、わからなくなってしまいました。
デフォルトだとゼロとかのはず。

でも、受け付けない。


そこで、自分の好きな数字を考えてみました。
「やっぱり5とか7かな・・・。でも、こうしてあらためて考えてみると、6とかって結構魅力的なフォルムだな・・・。8にいたっては、これから使うときに意識しちゃうな?。」

とか考えているうちに、「好きな数字」とやらがどんなシーンで形成されるのかが気になりました。


人間として、男女として、先天的に好きな形状とかあるかもしれないけど、もうちょい後天的なものもあるに違いない。



「小さい頃から肋骨を数えるのが好きだった」
調べたところ、人間には12対、24本の肋骨があるとのこと。
幼いあなたは胸に手をやり「いち、に・・・」。

・・・「じゅういち、じゅうに・・・。じゅうにぃぃぃぃぃ!!!!。」となり、「1」と「2」が好きになり、2ケタにも強くなります。



「1990年、巨人の木田におんぶしてもらった」
この結果、「わぁ、お父さんより大きな背中!!」とか言いながら「4」と「7」が好きになります。



「お母さんがどことなく「3」だった。」
しょうがない。



こういった経緯があったはず。

ちなみに「0」が好きっていうのは、頭よさげだけど、なんだか残念な感じもします。
でも最近ではちびっこに人気のゲーム、ロックマンゼロなどがあるようなので、「0」も人気かも。

こうしてみると、5が好きというのは戦隊物( or CHA-CHA )が好きだったということかもしれない。

1は仮面ライダー。
7は光ゲンジ。
6は昔のSMAP。

待てよ・・・。
仮面ライダーも、全員だと肋骨分くらいはいるかも(しつこい)。


まぁ、みなさんも「自分の好きな数字の由来」を思い出してみよう。












それにしても暗証番号、なんだっけなぁ。

「5」も違う。
もちろん「7」、「9」、「4」や「2」も。



あと。

あと試していないのは、何か丸が上下に並んだような、大してかわいくもないヤツだな・・・。
スポンサーサイト

豆も小麦も厳選素材

初めての喫茶店で、「マイルドブレンド」なるものを注文する。
飲みやすさを重視しました、とのふれこみ。




僕は「おいしいコーヒーを出す喫茶店」と「焼きうどん」との関係を綴った本に、2冊出会っている。
どちらも要約で申し訳ないが、「喫茶店で焼きうどんがメニューにある」ことに否定的だった。



しかし、僕は「食べ合わせ」とか「食べる順番」をあまり気にしない。
焼きうどんを出す喫茶店は、おいしいコーヒーとおいしい焼きうどんを出してくれさえすればいいのである。

ただ、「焼きうどん」を出す喫茶店は、結局は他のところもよろしくない可能性が高いことを、否定はしないが。








「マイルドブレンド」を飲む。
尋常じゃなく飲みやすい。


この、「飲みやすい」という印象は、当たり前だが「飲みにくい」という前例があってのものだ。
しかし、その前例だって、今まではおいしく飲ませていただいたコーヒーである。これからだっておいしいと感じることだろう。
ただ、今まで飲んでいたコーヒーが、思いのほか苦味の効いているものであることが判明したのだ。





僕が最近飲み続けていたコーヒーは、ただ、一種類だったのである。

それが別種類の介入により、やっと「唯一」という存在から開放された。






人間、「初めて」や「1パターン」で物事を終わらせるのは、危険だ。





2回目以降。

2回目以降である。



焼きうどんのくだんも、1冊だったらここでは取り上げない。







この日、僕は「飲みやすいコーヒー」と「飲みにくいコーヒー」を手に入れた。

おめでとう、僕。

あ、磯のかおり。

混んでいる電車の中で、本を読む。

揺れゾーンにさしかかる直前でつり革に手を伸ばし、衝撃に耐える準備をする。


ん?。


何故か、片手でページを開くのが難しくなった。
うまく微調整できず、一気に何ページも進んでしまう。




「しおり」のせいだ。

本に使われている紙よりも硬く、大きさも小さいため、これが間に入っているとページをめくる上で邪魔になる。

困ったものだ。

このような経験をした人は少なくないだろう。
本屋さんでもらうしおりをもてあます人もいるだろう。



でも、しおりはなくならない。

もちろん、折り目を付けずに読み途中のページに目印をつけるという用途があるからだ。


最初にしおりを発見した人は偉大だ。

その人のおかげで、僕らは本に日高昆布をはさまなくてもよいのである。

怒れる肌色

流行とは、時刻表のないバス停のようなものだ。
着いたはいいが、早く着いたのか、乗り遅れたのかが分からない。
分かるのは、並んでいる人がいるかどうかだけだ。




USBを挿すとき、必ず最初は逆方向にあてがってしまう落語家、両福亭ステファンは、後援会の酒の席でこのように語り、メロンばかり食べたという。


そこに偶然にも来ていた自称撃墜王、7942はなんとなく思った。


「・・・たむらけんじは、僕らが思っている以上に、本当に怒っているんだな・・・。」

最終定理が失われた環を紡ぐとき

僕は気になったことをメモにとる。
(2006/9/25「決壊しても、もれません。」)

もちろん、書いたときは何かしらよろしい部分があったはずなのだが、いかんせん時間が経つと、何が何やらわからないことになったりもする。





あるページに、こう記してある。


===================================
形態模写・・・細かいほど笑える意味

・ギャップ
・何でこんな意味のないとこみてんねん

→優劣の介在、笑いの根底
===================================



問題は、「→優劣の介在」の「→」である。

何故上記の内容から「優劣の介在」が導き出されるのであろうか。

「何か」が間に存在し、「何でこんな意味のないとこみてんねん」と「優劣の介在」の橋渡しをしたはずなのだ。


僕は当時の僕をうらむ。
ちょっとでもコメントしておけば、こんなに気にならずに済んだものを。



また、「笑いの根底」も見逃せない。

・・・誰なんだ、おまえは。




さらに、なぜか3ページおきくらいに「紫煙」と書かれている。

・・・こえぇ。




そして、今回は全体的に。

・・・意味わかんねぇ。

無限希釈

圧倒的な力を持つ人物が、ついに世界を手中に収めた。

しかし、その途端に虚空に消えてしまったという。

どうやら、心の濃度が世界の広さに耐えられなかったようだ。

○月×日に誕生することを決意

中学生の頃、なんだかわからないけど「あなたの人生録」みたいなものを、該当者に無断で想像。

勝手に「36歳にして、初めて「ジンバブエ」と口にする」とかをノートに書いて、本人に見せていたことがある。

だいたい0歳から長生きの人で80歳くらい。
20代の若さでこの世を去る人もいました。


両手で数えられるくらいしか書かなかったけど、おおむね気味悪がられた気がします。
面白がられるは少数派でした。

そして、誰かにすごく怒られたのでやめました。







ところで。

自分の人生が書かれた文庫本みたいのがあって、1ページだけ見られるとしたら、どうしますか?。

もちろん過去のページは見ないでしょうけど、結婚適齢期、60歳前後の退職後など、見たいページは多いはず。

目次を見れば、寿命も見られるかも。


でも、すごくペラペラだったら、色々と滅入りそう。




「俺の人生、扇風機の取扱説明書に負けてるよ!!」

そりゃ滅入る。




せめて売られているような、普通の文庫本くらいの厚みはほしいところ。

日々の食事などは、気を抜いているとたぶん記録されないので、

「竹筒にプリンを仕込み、焼き上げた「竹焼きプリン」なるものを調理。不味だが、ごまプリンでの試行は必要。」

「○月×日の朝は、ポークソテーを食べると決意」

など、意識的なフォローが必要だと思います。

もちろん食事などに限らず、ポイントとなる部分を日々作れば、そんなに薄っぺらい人生にはならないはず。

みんなもがんばってポイント付けよう。






ちなみに僕は、「解説」を誰が書いてくれるのかがとても気になります。

僕はまとめた。

神「最近、物事が細かく分かれすぎているので、まとめてほしいと言われました。」

神々「それは言えてるねぇ。」
神々「言えてる言えてる。」



神「早食い選手権を見るときと、ペットがエサを食べているのを見るときの、人の気持ちって、どうかな?。」

神々「似てるなぁ。」
神々「両方とも、食べてる食べてるって感じだもんね。」
神々「まとめても、いいんじゃない。」

神「まとめる・・・、と。」



神「スベるのも計算のうちっていう芸人さんと、ゲーム発売日に体調不良により休む人って、どうかな?。」

神々「似てるなぁ。」
神々「ぎりぎりだと思うなぁ。」
神々「カッコでくくれるかどうかで考えたらいいよ。」

神「カッコでくくれるかどうか・・・、と。」



神「食べてて、っていうのと、食べべて、っていうのは、どうかな?。」

神々「似てるなぁ。」
神々「似てるけど、食べべてって、言わないじゃん。」
神々「でも、何か、かわいいよね。」

神「何か、かわいい・・・、と。」






このようにまとまったので、芸人さんがやや少なくなりました。

人に任せられない部分

クイズ番組などでは、テレビの前の視聴者に対して「視聴者のみなさんもご一緒にお考えください。」というテロップが出る。

ぜひ、ある種の情報番組やニュースでも出してほしいテロップだ。

私の、ハリガネムシに関する知見

昨日からの続きなので。


【あらすじ】
友人のAくんがハリガネムシを見つけた






Aくんが指差した先には、水溜りがあるだけ。

僕は、それが何を意味するのか、全然分かりませんでした。



「何か、動いてる!!」

ちょっと興奮しつつも水溜りには近寄らないA。


水溜りで動くものといったら、はぐれアメンボくらいのはずだが、それらしいものは見当たらない。



寄ってみる。

何もいない。
いや、なんだか不自然な波紋が見える。

でも、なんにもいないのだ。



「あっ、この、細くて黒いヤツ!!」

またしてもA。
今思うと、彼とハリガネムシは何かしらリンクしていたのかもしれない。



確かにいた。

細くて黒いヤツが一本、水の中で動いていた。


太さは輪ゴムくらいで、長さは30cmくらい。
帯には短いし、たすきにも短そうで、幅も足りないくらいだ。


もちろん、ハリガネムシのことなど、全く知らない。

知らない人の家の庭での、未知との遭遇。
子供は、知らないことを増やすのが得意だ。


ただ、子供は、こういうシーンでは大胆な行動に出やすいもの。



「水の中でうにうにしているだけなので危険はなさそう。」

指で触ろうとしてみた。



すると。

突然、その細いヤツが、鎌首をもたげてきたのです。
ヘビがそうするように。


そして、あわてて指をそらすと、そのそらした指にあわせて、その「頭と思われる部分」を正確にトレースしてきたのです。


ここで、昨日から話してきた「ハリガネムシ」は、「ハリガネムシのようなもの」に変わります。

僕は「ハリガネエキスパート過程」を選択していないので、ハリガネムシが

・鎌首をもたげる
・哺乳類の体温に反応する

といった人間を不快にさせる動きをするかどうかが分かりません。

寄生虫というのは、寄生相手を段階をへて変えていく生き物なのですが、その寄生相手に哺乳類がいたら、その体温を感ずる能力は必要かもしれません。



しかし、ここで重要なのは、当時の僕らの印象です。

「何だかよく分からない細くて黒い動くものが、僕らの動きにあわせて動いている」という点。

こいつは怖い。


人が僕を目で追えば、「お、気があるんかいな。」となります。

猫が僕を目で追えば、「え、何か霊ついてる?。」となります。

犬が僕を目で追えば、「散歩はまだ。」となります。

ライオンが僕を目で追えば、「ボクオイシクアリマセン」となります。

これらは、目やら動きやらで、言葉がなくてもどうにか次行動を予測できるわけです。


でも、「何だかよく分からない細くて黒い動くもの」は、なにしろ「何だかよく分からない細くて黒い動くもの」なのです。
そんなヤツが、こちらの動きに同調する・・・。

僕もAも、触ることもなく逃げ出したのは言うまでもありません。



後日。

脚色した脚色した。
だいぶ脚色しました。

僕としては「家の前で待っていた」までがギリギリだと思ったので、話としては「すごい速さで追いかけてくる」でしめました。



帰り道。
一緒にいたO君が一言。

「爪のあいだとかから、ビュルーって入られなくてよかったね。」

・・・な、何を言い出すんだこの子は・・・。




でも、上記。

>「あっ、この、細くて黒いヤツ!!」
>
>またしてもA。
>今思うと、彼とハリガネムシは何かしらリンクしていたのかもしれない。

もうAは、侵されていたのかもしれない・・・。





ハリガネムシのようなものに関する知見、おわり。
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。