さぐりあい宇宙?

昨日から。

【あらすじ】
霊能者のゲンナイ、雫が神隠しスポットで霊視を行う。

=====
-「ではゲンナイ先生、雫先生。次のスポットへ行きたいと思います」

ゲンナイ「・・・」

雫「・・・」





-「はい。ではおふたかた、いかがでしょうか」

ゲンナイ「・・・ここが今度のスポットでしょうか」

-「はい。そうです。ここでも神隠しがあったとか」

ゲンナイ「あーいますね霊が二人。今出てきましたよ」

雫「この二人が神隠しの原因ですね」

-「では、どんな二人なのかを、先ほどと同じようにフリップに書いていただきましょう」

ゲンナイ「すいませんが、そのフリップには部長のようだとか、片桐はいりみたいだとかを書いたほうがいいのでしょうか」

-「もちろんです」





-「お書きになりましたでしょうか」


ゲンナイのフリップ:ショートカットの女性と、中年男性

雫のフリップ:ボブの女の子(四角い)と、背広を着た男性


-「今回はおおかた合っているようですね」

ゲンナイ「さっきは霊、多かったから」

雫「ええ」

-「ちなみに、以前このスポットに来たことのある高名なお坊さんによりますと、ここにいる霊は一人で、生前は向上心の強かった女性だそうです」



ゲンナイ「・・・着てますわ」

-「はい?」

ゲンナイ「・・・着てます。すいません。その霊さん、スーツ姿片桐はいり柄のTシャツを着てましたよ」

雫「あー。ほんとだ」

ゲンナイ「よく見てみたら、一人です。女性。しかも資格をたくさん取っている」

雫「スーツ姿の片桐はいり柄なんて、なんという向上心のあらわれなんだろう」


-「では、その女性はなぜ霊となってこの地にいるのか、わからないでしょうか」

ゲンナイ「では、聴いてみましょう」

雫「私も。でもどうやら見る限り、その向上心が何かしら影響していそうですね」


-「では、その理由をフリップでお願いします」


ゲンナイのフリップ:もっと資格が取りたいから

雫のフリップ:これからも資格を増やしたい


-「・・・どうでしょう。その女性に霊能者の資格などを勧めてみては。簡単そうですし。」

さぐりあい宇宙

-「心霊スポッチャ、本日は霊能力者の雫先生とゲンナイ先生にお越しいただきました」

ゲンナイ「どうも」

雫「こんにちは」

-「今日はこれから心霊スポットへ向かい、それぞれ霊視を行っていただきます。そしてその信憑性を検証するという企画です。では行きましょう」

=====

-「はい。ではおふたかた、いかがでしょうか」

ゲンナイ「・・・いますね。だいぶいますね」

雫「私も分かります」

-「いますか」

ゲンナイ「・・・すごいスポットですね。数百人はいますよ」

雫「私が見たところ、少なく見ても数万ですね」

-「そうですか。では、スポットはここからさらに車で30分くらいのところですので、移動します」

ゲンナイ「・・・!!!。そのスポットはすごいですね。漏れてきてますよ、数百から数千が」

雫「そうですね、数千くらい、漏れてますね」

=====

-「はい。ここがスポットです。神隠しがあったそうです」

雫「どうやらその方は既に亡くなられていて、その霊が多くの霊を呼んでいるようですね」

-「いかがでしょう。どんな方がお亡くなりになられたのか、フリップに書いて同時に見せてもらいましょう」

ゲンナイ「・・・」

雫「・・・」





-「お書きになりましたでしょうか」


ゲンナイのフリップ:男の子

雫のフリップ:髪の長い女性


-「おや、全く違う答えとなりましたね」

ゲンナイ「あ、雫先生、そちらの方、見られていましたか」

雫「えっ・・・、ええ、まあ。ゲンナイ先生は手前から2列目の子、ですよね?」

-「どんだけいますの?」

ゲンナイ「まあ、そのくらいです。なんたって、車で30分のところにまで、漏れてるくらいですから」

雫「ええ。あんまり多すぎて、どなたが亡くなられたとか、分かりませんね」




次回へ。

プチ整形エクステンション

プチ整形を拡張してみよう。
こうなる。

プチ整形

輪廻転生


いっけね。
あとさき考えないでの大拡張だったや。

あとさきを考えると、まずはこうだった。

プチ整形

整形


一方、何が拡張してプチ整形になったかを考えると、こうだろう。

にらめっこ

セロテープ止め

小細工

「ちょっと髪型かえるだけでも、ずいぶん印象違うね」

プチ整形



まとめて、さらに続けると、こうなる

にらめっこ

セロテープ止め

小細工

「ちょっと髪型かえるだけでも、ずいぶん印象違うね」

プチ整形

整形

バリ整形

大改造 劇的ビフォーアフター

脳/神経移植

機械の体

人体錬成

「死ぬ前のデータをこのサイボーグに移していたんだよ」

セカンドライフのほうでがんばる

輪廻転生

けっこう悟る

容姿とか気にならなくなる


プチ整形の拡張先は「容姿とか気にならなく」なりました。

わかりましたか?。

男子たちも明日はない

先日本ブログに登場したことば、見せパン。
このことばが存在する以上、今までのパンはなんだったのか。

普通に考えると「直パン」か。
それは焼きたての様相。

「生パン」か。
それは生地仕込みの様相。

※ちなみに、このテーマで下(しも)に向かわないようにするのは、精神的に大変で、無理な面もある。


ところで僕はずっと、スカートをはいた女子がどのようにして自転車に乗るのか、疑問だった。
サドルに直接パンツが触れたら絶対気持ち悪いから、何かうまいことやっているのではないかと思っているからだ。

だが、近頃やっと、認めなくてはならないことに気付いた。
たぶん、サドルに直接パンツだろう。
サドル×パン。
海洋堂×角川文庫みたいなものか。


見かけ、スカートごしにサドルに座ってない人は、おそらくサドル直パンだろう。
今度誰かにちゃんと聞いてみることにするが、そうに違いない。

気持ち悪くないのだろうか。



さて、ここで僕の提案がひとつと、解決したある疑問、今日の総括を報告する。



◆提案
サドルに座るとき、小さい座布団みたいなのを敷いてはどうか。

女子は、スカートという文化があるため、ある程度スカスカに慣れているかも知れないが、それでもサドル直パンは気持ち悪いんじゃないだろうか。
そこで小さい座布団(サブトンと命名)。

こいつをサドルにひくのである。
冬も、たぶん暖かいぞ。


◆解決
サドルが盗まれるという事件の原因には、直パン関連もありそうということが分かった。
サドルがなくなる意図が分からなかったけど、直パンのことを考えると、そのなんだ、劣情的な、ほら。
ともかくこれは、被害者は気持ち悪いねぇ。


◆総括
男子はこんなことばっかし考えているのである。







で、ここまで言っといてサドル直パンが違ったら、どうしようか・・・。

注意2

昨日から。

【あらすじ】
落石注意。
それがかもす不安に抗う術。


=====
・標識付近では息を止める。
吐息気流が石にどんな影響を与えるか、わかったもんじゃないのである。
ちなみに僕は、トンネルに入るとその間、息を止める遊びをします。


・標識付近で気配を消す。
「息を止める」と似ているが、さらに安全な気がする。
方法は皆さんの方が詳しいと思うので割愛するが、そう。
例えば誰かの誕生日、サプライズパーティーの準備をしているときにその誰かが来ちゃった。その場の雰囲気が、これと近い。


・車の中で、はしゃがない。
いますね。
はしゃぐ影の見える、前車両。
あの車体の揺れが落石を招く。
かみなりは既に落ちてるかも知れないが。


・石の悪口を言わない。
関係ないけど、ポケモンに石のやつ、いましたね。


・石を誉めない。
寄ってきちゃいます。


・「そこにいるのは分かってるんだぞ」と言ってから通過。
これで躊躇する、誰かが。


・日頃から何でも石に譲る習慣を付けておく。
道端の石を蹴るなどは、持ってのほか。


・雨の日、風の強い日は諦める。
ちゃんとしたことも言う。
でもそれでも、というのがあることも否めない。


・ショートケーキを崩さずに食べる。
いちごが転がり落ちたら、考えた方がいい。


・植林に勤しむ。
いいんじゃないでしょうか。


・もう、タンク。
これで、上でも下でも安心。


・「鬼は外?、福は内?、落石注意?」
新しい標語。
言い放つように、叫ぶこと。


・タイヤをスポンジにしておく。
がたがたするのを防ぐ、のではなく、石を踏んで他方に飛ばしてしまうのを防ぐのである。
と、ここまでの結果から、案外「やわらか戦車」がいい線行きそうであることが判明。
どういったヤツなのか、いまいち知りませんが・・・。


・将棋くずしから距離をおいておく。
彷彿とさせるのである。ほうふつと。


・迷惑にならない程度に、もう崩しておく。
できるところは既にやられているのだろうか。


・「子供が乗ってます」シール(?)みたいな感じの「落石が待ってます」シール。
不安が増しそうだが。


・危険な箇所を調査で洗いだし、速やかに対応する。
ということで今までの狼藉、これで勘弁してください。



終わり。

注意

ということで「落石注意」についてである。
この指標を見て「何に気をつければいいんだ・・・」といぶかしげる(?)人の話は多い。

もちろんそのとおりでこの事柄。
我々ができることと言えば、どちらかというと「落石が起きた後」のことであり、その点「落石準備」のほうが適切な気もするが、それでは何かショッカーのやりそうな、悪いことをするように聞こえてしまうため、適切じゃありませんでした。


先日「警察24」的な番組で、盗撮被害にあわれた方に対して、男性の私服警官が証拠品を確認してもらっていたのを見てびびったのだが、まあそれはいいとして、そこで気になるのが、彼が被害者にかけるだろう一言である。

「これからは気をつけてください」


これ、冒頭の「落石注意」とは似ていないだろうか。

被害者は何に気をつければいいのだろうか。

あやしい動きを見せる背広男に接近しないようにするのか。
それとも、ミニスカを自粛しろということなのだろうか。
見せパンをヒッキー北風のようにはきまくれというのか。


ただ、私服警官としてもそのくらいしか言えないのである。

「おまえはミニスカに合わないから、着用すな」
犯罪の未然防止の観点と、被害者へのまごころから生まれたことばだとしても、怒られる。


話を戻す。

今回「落石注意」といわれて、何していいか、分からないよ!!。
でも、やれることならやっとくよ!!、を考える。
次回に。





追記
ヒッキー北風さんのことを、すごく調べた。

代名詞

「いか焼きは夏まつりの代名詞である」
異論があるかもしれないが、ここではとりあえず「代名詞」ということばについて、である。


さて、僕が気づいてることとして、この「代名詞」と同じような意味を持つことばはあとひとつ、ある。

「風物詩」

上記の例文を書き換えてみると、「いか焼きは夏まつりの風物詩である」。

ちょっと変だが、間違っていることはなかろう。

というか、むしろ「代名詞」のときよりも、なんだか風情が出てきた。
辞書を見てみるとその辺、書かれているようなので、気になる方は調べていただきたい。

風物詩は「季節」をよくあらわさなくてはならないらしいのだ。

それにしても「代名詞」のかたくるしさ。
「風物詩」のほうの、なんとなく「ハチミツとクローバー」的なものに比べて強固で、かわいげがない。

もちろんこの2つは使い分けされるべきことばであるが、「代名詞」の融通の利かなさを考えると、何でも「風物詩」でいきたくもなるところである。

「観覧車はお台場の風物詩である」
「伊集院光は「かしこデブ」の風物詩である」
「松井はゴジラの風物詩である」
「川相は犠打の風物詩である」

さりげなく違うものを混ぜ込んでしまったが、まあいいだろう。
「代名詞」だったときとは違い、それぞれ風情やら伝統が出て、大変よい。
何の風情、伝統かは不明だが。

まあ、こんな感じでレンゲソウの群生する広場のようなことばを味わっていきたいところである。


と、ここでもうひとつ、「代名詞」「風物詩」の仲間として触れなくてはならないものが出てきた。

「ホームラン王」

少々古いが「お菓子のホームラン王」のアレである。

だが、どこかで先にナボナに触れられてしまって、また本ブログでも触れたことがあったことを思い出して、なんとなく書かないでいた。
が、やってみよう。

「観覧車はお台場のホームラン王である」
「伊集院光は「かしこデブ」のホームラン王である」
「松井はゴジラのホームラン王である」
「川相は犠打のホームラン王である」


ほら。
違うものを混ぜ込んだかいが、そこそこあったというもの。

本当につまらないものですが

昨日から。

【あらすじ】
「ヤクルトいかがですかー」をサイエンスする。


「ヤクルトいかがですかー」

「ヤクルトのおいしさ、忘れていませんかー」

=====
もっと積極的に、かつ相手に失礼のないように、ヤクルトをすすめてみる。


「ヤクルトいかがですかー」

「ヤクルトたちと遊んでみませんかー」

生きて腸内に、というアレである。
そのことが遊んでいることになるのかは定かではないが、まあいいだろう。

残業のお父さんが、昼間の販売員さんのことばを思い出し、つぶやく。
「たまには、ヤクルトたちと遊んでみるか・・・」

ほのぼのである。



次。

「ヤクルトいかがですかー」

「ご家族、無事ですかー」

少し怖いが、言っている人がヤクルト販売員であることで、その意図はむしろ「ヤクルトで家族全員を気遣ってくれている」ということが言える。と思う。

残業のお父さんが、あわてて家に電話し、けだるそうな妻の声を聞く。
そして「たまには、ヤクルトでも買って帰るか・・・」

ほのぼのである。



次。

「ヤクルトいかがですかー」

「ノッポさん、待たせていませんかー」

いつぞやも書いたが、ヤクルトの容器は工作に有用なのであり、そういうことなのである。
だから、必要なときに限って無い、というのは避けたい。

いつだって、洗った容器が炊事場付近にあってほしいのである。



次。

「ヤクルトいかがですかー」

「ヤクルトですかー」

何気に名コピーと思っているが、どうだろうか。



以上、つまらなく終わり。

つまらないものですが

もういくつ、「つまらないものですが」という言葉に対してツッコミを入れたことがらを目の当たりにしてきただろうか。

まあ日常的な言葉だが、その謙遜ぶりと「つまらないものを相手に送るのかよ」という美しいほどに明瞭な返しができるため、「日々の生活を違う角度で見てみたら」という考えを述べる上で恰好の例題となるのだ。

誰なんだ、俺は。



ところで、先程すれ違ったヤクルト販売員さんの「ヤクルトいかがですかー」は、こうなる必要があるだろうか。


「つまらないものいかがですかー」


必要はない。

いや、ヤクルトのことではなくて、言い方のほう。

いまだ日本が謙遜主義国家だとしても、ここまでいう必要はない。
というかこの場合、もっと積極的にヤクルトしていいと思う。


「ヤクルトいかがですかー」

弱い。
おまえ達は、ヤクルトに絶大な自信を持っているのだろう。
ヤクルトでみんなを健康にさせたいのだろう。謙遜も度が過ぎると、ど謙遜になるぞ。

と、怒ってばかりでは士気も上がるまい。
まずはこういうの、どうだろうか。

「ヤクルトいかがですかー」

「みなさん、ヤクルトいかがですかー」

「ヤクルトいかがですかー」では道行く人のほかに犬猫、植物、アスファルトなど、森羅万象にヤクルトをすすめていることになり、曖昧である。

そこで「みなさん」を付けることにより、ターゲットをヒトに限定するのである。

また、同様の理由により「鈴木さん、ヤクルトいかがですかー」も、悪くはないだろう。
たぶん。


次。

「ヤクルトいかがですかー」

「ヤクルトのおいしさ、忘れていませんかー」

かなり積極的ないかかですかである。
あたかも相手のほうに非があるように言い、飲んでいただく試算だ。
うそも方便。

本当においしさを忘れていたかもしれないが、それでも顧客に非のあるように見せる販売員の罪悪感による苦悩を考えると、辛いものがある。


長いので次回に続こうと思う。

苦節四半世紀

たかし7歳

たかし「おじさん!!、僕の離した風船を取ってくれようとしたのはうれしいけど、手の届かなかったからって銃で撃つことないじゃないか!!」

おじさん「あきらめやすいと思ってのことだ」

たかし「ファイナルバスターで、死んじゃえ!!」




たかし15歳

たかし「おじさん!!、勝手に部屋に入って、隠してたエロ本を机の上に置くなんて、ひどいじゃないか!!」

おじさん「何らかのアピールになると思ってのことだ」

たかし「ファイナルバスターを食らえ!!」




たかし32歳
「もうほんと、おじさんにすすめられて結婚したけど、家族を持ってわかったのは、家族を養う大変さと、YesNoまくらの意味だけだったよ!!」

おじさん「よかったじゃないか」

たかし「覚悟は、できているな?」



たかしの母「たかし、やっと技をマスターしたのね」

たかしの父「おじさんも草葉の陰から喜んでいるぞ」
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ