火消し役 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
基本的に、僕は絶叫マシンは嫌いだ。
それは単に怖いから、ということだけではない。

例えば飛行機という乗り物がある。
あれを絶叫マシンの例として挙げるのはどうかという意見もあるだろう。

ただ例として、僕が絶叫マシンを嫌う理由の説明にはもってこいだ。

至極話は簡単で、飛行機は揚力を得るために加速する。
そのシンプルな関係がいつか頓挫してしまうのではないかという、理由なき妄想が僕にはあるのだ。

より揚力を得るために、より加速する。
程度を超えてなおその考えを実行しようとしたときのことを考えると、怖い。

もちろん、その恐怖は人為的な問題がその根本にあることは明確だ。
今回のブログでわざわざ日付を明記しているのは、それが原因のひとつにある。

が、人というものを、基本的には信用したい。
よって、「より何か」という単調な増幅部分に恐怖を覚えるのだろう。



と、やーや言うておりますが、とにかく「ストームライダー」には安全ベルト的な装備が必要らしかった。
今座ろうかという座席に備えられている。

ただ、目の前にある大きなスクリーンを見て、このアトラクションがやろうとしていることは、何となく想像できた。
おそらく、微動な動作をこの空間全体に与えつつ、目の前の映像で飛んだり跳ねたりする。

か弱い羊である私たち人間は、おろかにも目の前の映像と緩慢な振動を区別することができず、結果飛んだり跳ねたりイメージにとらわれてしまうのだ。

昔でいうところの「びっくりハウス」。
人間というのは視覚に頼るところがどうも大きいのだ。

結果「ストームライダー」は、発生した巨大タツマキを消滅させるために、タツマキ内部に最新鋭飛行機で侵入。
爆弾みたいなものを投下するのがミッションのアトラクション。
僕らが搭乗した機はお調子者が操縦する、偶然にも大変な目にあう方の機体だった。



どうであれ、本アトラクションもとても楽しかった。
後に聞いたところによると、ミッションを終えて外に出た時、僕はこう口にしたという。


「無事に生還できて、本当に良かった」

火消し役 その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
リドアイルのショーでお腹いっぱいだったが、僕らは次の場所へ向かうことになった。
とはいえ、完全にシー玄人に付いて行く形の僕には、次が一体何なのかは全くわからない。

それにしても、ここは歩いているだけで楽しい。

当たり前だが近所では見られない建物の形状や店。
やはり近所では見られない風貌のキャスト、住人。

ちなみにここで、今までスタッフと書いていたのをキャストと言い出したのは、やはりシー経験者たるものキャストっていうよね、という経験者気質。
住人とはお客さんのことだが、彼らの表情を見ていると「住人」のほうがしっくり来るため、そう記載した。


もちろん整備はされているが、それも気にならないくらいに心地いい森道っぽいところを抜けると、海を全面に押し出した空間が目の前に広がった。

小さいボートのようなものが無軌道に水面を這っている乗り物。
国籍不明な建築物。
オールを模した、謎のアンテナ風モニュメントが生き物のように動きまくっている。

とにかく乗り物があるのだろう。
そう混んでいない列に並び、「ストームライダー」というアトラクションに入る。




厳密に、ではないがなんとなく整列させられると、何やら作業員風なキャストさんが謎の説明をし始めた。

何か、秘密兵器がどうこう言っている。
設置されていた円柱の水槽に、うずができて、それに対してまた何か説明をしている。

僕はこの建物に入るところから、シー玄人に何ら説明を受けていなかったので、その説明も耳に入らないくらい不安になっていた。

とにかく、微妙に整列させられたのが気になる。

この状態で、整列していないとまずい何かが起こるのだろうか。
だとしたら僕、何も安全器具的なもの付けてないんですけど!!。

そんなことを考えていたので、説明はまったく聞いていない。

そんな中、さらに奥に進むように促される。
アトラクションの主たる場所は、ここではなかったのだ。

結局、何が起こるのかも、このアトラクションの目的もわからない。
ただ、我々に何かのミッションが課せられたことは間違いない。


言われるがままに奥に進むと、こじんまりして暗い小劇場のような場所に出た。

くそう。
安全ベルト的なものがあるよ・・・。

リドアイルの恋 その4

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
リドアイルのショー最大の難題、「好き合っているのに素直になれない男女がいる」に対して、ついに僕らのチームのリーダー、ミッキーが強力な布陣、ミニーダッフィーシェリーメイをひきつれてやってきた。

ミッキーはどうやら「春を探しに旅をしている」途中らしい。

本当に、ちょうどいいところに来てくれた。

今、春の訪れてない二人がいて、困ってん。
これを解決すれば、春が何たるかが分かるかも知れんよ?。


ショー、セカンドシーズンが始まった。
ミッキーミニー、ダッフィーシェリーメイを新たに迎えて始まったショーに、最初はかたくなに互いを拒んでいた男女も、次第に笑顔になり、手を取り。

結果的にはなんかうまいことなったようだ。
安心した。


そうなったらこちらのもの、とでも言わんばかりに、暑い中ショーは続き、踊り子さんは最初に見たときよりも、ちょい色黒になっていた。

それはこちらも同じだろう。
しかし、今は日焼けよりも本ショー最大の功労者、ミッキーがボートに乗って旅を続けるのを見送るのが先だ。

喜びが体から溢れ出ている子供に混じり、大人の多くも手を振ってボートを見送った。
踊りを終え、去っていく踊り子さん、グーフィー、チップとデールにも。

お客さん全員が、タイタニック号に残ったダンナに対して狂ったように投げキッスを送る婦人のようになっていた。
このたとえ、いらないに。



ともかく、ショーは終わった。
シー、なんてすごい場所なんだ。

一方、体はがちがちだ。
どうにか立ち上がる。

そう、次の場所に向かわねばならないのだ、僕たちは。。

リドアイル出口付近でスタッフの人が、お客さんが手にしているあらゆるゴミを回収してくれている。
いつもゴミの選別に気を使っている人たちにとっては、これもここの魔法のひとつ。

リドアイルの恋 その3

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
リドアイルのショーは、大きな旗や布をダイナミックに操るだけではない。
ラブストーリーが存在する。

みんなが楽しく参加しているお祭りで、つまらなそうにしている男女。
お互い好きらしいが、なんかもにょもにょしているらしい。

一体彼らはどうなるんだ。

グーフィーには確か、息子マックスがいるはずだ。
チップとデールには確か、恋人クラリスがいるはずだ。
恋のことなら彼らに聞けばいいじゃないか。

と、ラブストーリーの顛末が心配になったところで、何やら音楽が変わった。
どうやらミッキーが来るらしいのだ。

ミッキーと言えば、例のアレである。
ミニーという恋人もいるし、期待が持てる。
そもそも会いたい。

この、リドアイルの場所取りをするため、僕らは周りのことなど見向きもせずにここまでやってきた。
もしかしたらミッキーを走ってやり過ごしてしまっていたかもしれない。
ちゃんと会いたい。

しかし、ここはもう歩いて登場するようなスペースはない。
さきほど、踊り子さんやグーフィーが通ってきたところにもミッキーはいない。


さてどこから来るのかしらと思っていると、なんと湾の向こうから、ボートに乗ってやってきた。
こちらに手を振っている。

やはりミッキーだ。
ショー中は立つなと言われているにもかかわらず、子供達は立ち上がり、親に制される。
一斉に手を振りかえす。


その隙間から見えるミッキーは、この快晴にすこぶる似合う涼しげな服装。
ミニーも着ぐるみらしからぬさわやかさだ。

そしてダッフィーである。
今、すごく人気らしいそのクマのぬいぐるみを来乗客の多くが手にし、リュックに入れていることに気づいていた。
仕草がかわいい。

そう、この「仕草がかわいい」はシーでずっと感じていたことなのだ。
もうなんか、仕草の安定性がすごい。習いたい。

悔しいことに、ダッフィーにも恋人がおり、それはシェリーメイ。
つのだ☆ひろのことを一瞬思い出してしまう名前のクマがそうだ。


ボートにはミッキーとミニー、ダッフィーとシェリーメイが乗っている。
万来の拍手の中、それは接岸した。

リドアイルの恋 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
リドアイルは長崎の出島のようなたたずまいで、100人くらいが体育座りをすればもう足の踏み場もない。
200人が体育座りをすればもう設計レベルの現場責任者が必要。

そのくらい、少なくとも「ひろっ!!」とは思えない場所だ。
ひとときの場所取りを過ぎると、多くの人は飲み物やファストパス獲得に向けて動き出すため、それほど気にならなかった人口密度。

それは、当たり前だがリドアイルのショー開始時間が迫るにつれて無視できないものになってきていた。

通常歩行するためのスペースはもうないため、体育座りプレイ中の人を避けつつ、場所取りしたところへ戻らなければならない。
僕の前に座っていた男の子のお父さんは、それほどガタイが大きい訳でもないのに、通行といい体育座りといい苦労している。



開始時間になるかならないかくらいのとき、入り口付近がざわめく。

自由の利かない体を無理にそちらへ向けると、鮮やかな衣装を身にまとって若々男女が階段を降りてきた。
グーフィー、チップとデールもいる!!。

ショーが始まるのだ。

このとき僕はどういったものが催されるのか、全くわからなかったのだが、このときの印象をかいつまむと、彼らは祭りを主催、あるいは楽しむためにきた地中海付近の人たちという出で立ち。
そうこうしている間に大きな旗のようなものを風に泳がせ始めた。

湾を後ろに音楽に合わせて踊ってくれる彼らに、僕は何をしてあげられるのだろうか。
あの愛くるしいグーフィー、チップとデールにも。

いや、何もできないだろう。

汗をかきながら迫力ありながら一糸乱れぬ彼らの踊りに、僕は涙した。
こんなに熱いのに、踊ってくれているよ・・・。

踊りが一通りすみそうなところあたりから、彼らは徐に男女ペアになり始めた。


そしてある女性が語りだした。
「あそこにいる男の子と女の子。本当はお互い好きなのに、素直になれないのよ」

そういえば、踊りの最中、彼らは妙にはにかんだり、ふてくされたりするような表情を見せていた。

なんか、ストーリーが始まった!!。

リドアイルの恋 その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
日差しが強い。

一人が何かのファストパス。
もう一人が食料を買いに行っている間、素人の僕ともう一人は、中はふんわり外はカリッカリみたいなことになっていた。
傘でもあれば相手を防御できるのだが、僕らにそんな事前準備は無理というものだ。

しかし一方で、リドアイル前に広がる風景に目を奪われている自分もいた。

よく作ったものだ。

さほど遠くない所に、活火山を模したアトラクションがある。
その前にはモスクのような建物。

小さな湾を囲むかのように通る道を、たくさんの人が歩いている。
近所にはない光景で、それだけでも僕は結構感動していた。


食料調達係を買ってでた知人が帰ってきた。

このお客さんの数だから、それも大変だったろう。
戦利品はエビの入った肉まん様の食べ物と、コーラだった。

今コーラを飲んだら、おそらく肉質やわらかくなるだろう。



ファストパス係の知人も帰ってきた。
話を聞いてみると、どうにか目的のチケットが取得できたとのこと。

そのとき初めて知ったのだが、「その時間に乗るから、並ばなくてもいいよねチケット」たるファストパスは抽選なのだという。

もうひとつファストパスを取ろうと言いながら星座占いを調べ出したその人の、意図がやっとわかった。

占いによるとシー素人の僕は11位。
もう一人の素人は12位。
さきほどファストチケットを入手できた玄人は10位。

鬱スリートップである。
4人中3人がこれでは、強烈な快晴もうなずける。


取りたいというもうひとつのファストチケットは、2位の人にご足労願うことにした。

オープニング

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
9時。
ついにシーがオープンした。

待っている間、ゲートからちらちら見えていた球状のモニュメントが、ついにその全貌をあらわにした。

というか、あらわにしたと思う。
というのも、僕らは走っていたから、それをあまり見ていないのである。

オープンと同時に、みんな走った。
周りの人もみんな走った。

青梅マラソンでも、こんなには走らないだろう。

あたりに何となく見える、地中海っぽい建物。
花のモザイク。
しかも今日は快晴。

かわいい服装のスタッフさんが走る僕らに対して笑顔で手を振る。

すまない。
でも、あなたも走りながら手を振ってくれるのなら、それに答えられるのだが。


結局、走っていいのかどうかもわからないまま、僕らは最初の目的地、リドアイルに到着した、らしい。

日差しを遮るのが空気くらいしかない場所に、僕らは腰を下ろした。
場所取りの完了である。



シーの仕組みによると、とりあえず人による場所取りは有効であるらしい。
いわゆるシート広げは無効なようだ。

シーに疎く行動力もない僕らは戦力外なのか。
シー手練2人がそれぞれファストパス、食料の確保に出発した。

リドアイルのショーはあと40分くらい先であるらしい。
日差しは調理器具のように強く、仕方ないのでイタリアはこのくらい熱いと思い込むようにする。

出発のテーマ

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
どうにかしてディズニーシーのチケット売り場に到着した。

たくさんの人が並んでいることにまた満足し、この中になら知人はいるだろうと思っていたら、チケット売り場は2カ所あるらしい。

まんまと違う方で人探しを始めていた僕はもう一方の方へ足を運んだ。
それにしても日差しが強い。

日頃、日焼けのことなぞ気にしないたちなのだが、実際焼けると皮膚が弱いせいか赤くなるだけでなく、かゆくなったりする。
あまり焼けたくはない。

どういった仕組みなのかはよくわからないが、知人達はチケット売り場ではなく、もう少し先に進んだゾーンにいるらしい。

運良く見つけると、オープン時の段取りを話してくれた。


僕らがまず目指すのはリドアイルというところで、そこでショーを見るらしい。
もらったパンフレットを見てみると、シーの遊びというのは、主にアトラクションとショーに分かれている。

そしてショーはスケジュールが組まれている。
アトラクションは「この時間にかならず乗るから、並ばなくていいよね」的なチケット(ファストパス)が時間毎に発行される。

どうも、ショーのスケジュールを把握し、かつその合間にファストパスを利用できるようにすることが、シー攻略の最たるものであるらしい。

ちなみに冒頭では「ディズニーシー」と書いているのにこの辺から「シー」にしている理由は、僕がもうシー経験者だから、略してもいいだろうという経験者的判断によるものである。


正直、そんな感じの説明を受けても、その時は何もわからなかった。
それを見越してか、シー手練の2人がそれぞれ、リドアイル場所の案内、何かのアトラクションのファストパス取得へと奔走してくれるらしい。

シー素人たる僕らが課せられたことは、ただ「走れ」だった。
シー手練がリドアイルに向かって走るので、それについていけということだった。


この辺りから、僕には多少疑問が生じていた。
遊びにきたのに、「課せられる任務」とは何だろうか。
そもそも「走る」のだろうか。

今、この場所にいる人やチケット売り場にいる人は、なんだか楽しそうな人が多い。
そんな人たちが、本当に目的の場所、パスに向かって全力疾走するのか。

あるいは僕がシー初めてだから、そんなことを考えるのだろうか。

確かに、シーと僕らを隔てるゲートは、少し競馬のそれと似ている。

ディズニー環境  その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
待ち合わせ時間には少し遅れたが、集合場所であるディズニーシーチケット売り場にはさほど迷わずについた。
舞浜駅から、人の流れに沿えば問題ない。

しかしここからが問題だ。
ここは、人が多い。

どうやって知人を捜し出すか。
電話でリアルタイムにやり取りしたとしても、骨が折れそうだ。

周りを見回してみると、ミッキーの模様が乗ることをためらわせるモノレール様の乗り物が走っている。

ミッキーだなあと思いながら、さらに見回すと、どこかで見た建物が施設内にある。
あれは確か、モンスターズインクの工場だ。


僕はある人に勧められてから、モンスターズインクにはちょっとうるさい。
ものまねができる。

「どーもー」

どうだろう。
吹き替え版ロズのものまねである。

いやみなほどに晴れ渡ったチケット売り場で、とりあえずあの工場には行かなくてはと心に決めた。




ということで、そう。

このとき、僕はディズニーランドに来ていたのである。
待ち合わせはディズニーシーなので、だいたいシーが足らない。

なかなか知人に会えないため、確認の意味でスタッフの方に伺うと、ここはランドでシーではないとのこと。

確認してみると、例のポップなモノレールがまさにシー行きであるらしい。


「僕が、あれに、乗る?」


5月27日、僕のシーが、ストーリー途中で発生するファイナルファンタジーのオープニングのように、始まる。

ディズニー環境 その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
簡素なJRの駅がどこからか、妙にポップな雰囲気になってきた。

それは駅のポスターにそれが増え始めたからなのか。
あるいは乗客が駅を飾っているのか。

舞浜駅を降りると、朝早くのわりには強い日差しの下をみんなすいすい歩いて行く。
目的地が見えているのだろう。

僕は正直、ディズニーランド、ディズニーシーとディズニーリゾート以上3つをどうとも捉えていなかった。

ただ周りの雰囲気から、少なくともディズニー付近に到着していることがわかる。

それに満足。
歩いていればディズニーシーの集合場所にたどり着けると考えていた。


道路をまたぐ、駅とディズニーを結ぶ陸橋はもう「これはベルサイユ宮殿の名残です」と言われればそうですか。
そう感じざるを得ない装飾がなされている。

というのを、どこで間違えたか。
なぜか陸橋を見上げながら歩いていた僕は思っていた。
そして陸橋を経験することなく、チケット売り場に到着したのである。


まだ8時くらいなのに、すごい人の数だ。
スタッフの人は既に汗だくだが、笑顔でお客さんと話をしている。

そう、待ち時間だというのに、笑顔の人が多い。
うわさには聞いていたが、ここはやはり「そういう場所」なのだ。


「すいません!! 落としたコンタクトレンズを探してくれませんか!?」


ここでそう叫べば、そもそもコンタクトレンズがなかったとしても、すぐ見つかる。
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ