FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かが起こりそうだよストーリー

ヒロユキが12歳の頃、そのいとこのヨシミは、うぶ毛を剃っていたっけ。

サトシはそう思った。

ヨシミの同級生のカズヒロは自分のことをKAZUHIROと名乗っていたし、カズヒロと苗字が同じなタカヤは、蟻の巣に棒を突っ込んでいた。

他人のレシートを集めるのが趣味だったトモミはタカヤのことを知らなかったが、「某」をつければ全て許されると考えていたし、その弟のツバサはこの間、妹になった。

そんなツバサと病院が一緒だったハムドがシャア専用Tシャツを臆することなく着ていた頃、学校の一緒だったシンジは暗黒舞踏が、ナミはりんごの皮むきが得意だった。

ナミがむいたりんごを栽培していたハルゾウは携帯が鳴る瞬間にそれを感知していたが、その将棋友達のゲンジは、基本的に無傷だった。

ゲンジの前世のオサヨは気の強い女性で、大和芋を棍棒のように振り回していたけど、それを愛おしく見ていたヘイハチは独身だった。

この二人は戦国自衛隊さながら現代にワープしちゃって。
オサヨなんてゲンジと出会っちゃったけど、ぎりぎりセーフだった。

その時代、ショウジは野球の審判をしていてボールを見ると追いかけたくなったらしいが、ピッチャーをやってたトモキは、一塁のベースが球場爆破を抑えるスイッチであることを知らないでカーブとかを投げていた。



そんな僕らが、今度地球を守ることになりました。

よろしくお願いします。

■ Comment

問題『僕らは』なんにん?※みなおすなよ!!

地球のみんなが主役です。

正解は16匹

頼まれたので見てみた その2。

これはあれですね。
天賦の才の持ち主は、常人には分からん思考回路を持っていると、そういうことですね。

馬鹿と天才は紙一重。

だがこれだけは言いたい。
ツバサが妹になったくだりで、家庭事情とか色々考えちゃってお腹一杯。


そういや、いつだったか似たようなCM見たことあるわ。

トモキは一塁のベースが球場爆破を抑えるスイッチと知ってから、カーブを投げなくなりました。
非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。