FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かが起こりそうだよストーリー ノクターン

ヒロユキが12歳の頃、そのいとこのヨシミは、割ぽう着が黄色く変色していたっけ。
サトシはそう思った。

ヨシミの同級生のカズヒロは洗剤のコマーシャルで「除菌ができる女医」というのを、なんだか当たり前じゃない?って思っていたし、カズヒロと苗字が同じなタカヤは、高架下の屋台でいい気分になっていた。

スカートの下にジャージをはいている女子高生に接近することが趣味だったトモミはタカヤのことを知らなかったが、サランラップはなるべく2?3回は使いまわしたいと思っていたし、その弟のツバサはホルモン剤のことを調べだした。

そんなツバサと同じ雰囲気のハムドが、PS3の電源ボタンがどれかわからなかった頃、学校の一緒だったシンジは人にネクタイを結んであげることが、ナミは飲み会でのみ、いじられキャラに転身することが得意だった。

ナミの豹変振りをいかがわしく思っていたハルゾウは「ものさし、必要なときに限ってねぇ」と言っていたが、その将棋友達のゲンジは、基本的に無傷だった。

ゲンジの指を舐めたことのあるオサヨは気の強い女性で、何言っているのかわからないくらい早口だったけど、それを愛おしく見ていたヘイハチはよく頷いていた。

この二人はドラゴンボールさながらフュージョンしちゃって。
オサヨなんてゲンジを完全に取り込もうとしていたけど、その結果、あしゅら男爵みたいになっていた。

その時代、ショウジは野球の審判をしていて、早く帰りたいときは基本的にアウトにしていたが、ピッチャーをやってたトモキは、ボールを投げる瞬間に「ズヒューン」と口で言っていた。



そんな僕らが、CDを出すことになりました。
よろしくお願いします。




何かが起こりそうだよストーリー
何かが起こりそうだよストーリー リターンズ
何かが起こりそうだよストーリー プレリュード
何かが起こりそうだよストーリー プロローグ

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。