いまいちコピー。

全米が涙しただの、全世界に感動を与えただの、以前聞いたようなフレーズを臆することなく使用し続けるのが、映画業界である。

一体どれほどの人が「全米が涙した→見なくちゃ!!」となるのか。

たぶん多くの人になり、当方もそうだったりするのではあるが、それでは今回、終わってしまう。
なのでいろいろ考えてみようと思う。

例えばこんなのはどうだろう。
※映画タイトルは最近ので「僕の初恋をキミに捧ぐ」にしてみる。


「全米が涙した感動作(1リットル)。僕の初恋をキミに捧ぐ」


何かを混ぜてみた。

言いたいことはわかるだろう。
しかしこのコピー。
見方によっては、アメリカ人一人当たり1000ml/3億しか涙していないとも捉えることができ、ちょっとドライアイが心配。


次、こういうコピーはどうだろう。


「見てやんこっしょい、がばいやつぃばあ。僕の初恋をキミに捧ぐ」


うそんこ方言である。
おそらく「見てみなさい、面白いから」という意味。
うその割には望郷の念がひしひしと伝わってくる、気がする。
ちなみに「がばい」と、それなりに気を使ったキーワードも含まれており、その点想像以上の効果があるかもしれない。


次。


「常時寒気。僕の初恋をキミに捧ぐ」


ホラー映画である。
ちょっとハードル上げすぎの感ありだが、それよりもそこを押してどうするといった気もする。
オチはおそらく冷房効きすぎだろう。
というか、ここは例を変えるべきだったが、案外常時寒気なのかもの雰囲気。



最後。


「全日本僕の初恋をキミに捧ぐ」


「全日本」をつけてみた。
そこいらの初恋では太刀打ちできないし、「キミ」も納得してくれまい。
女王様である。


じゃあ、終わりで。





=====
あくまで、おまけ
「僕の初恋をキミに捧ぐ(それからどうした)」

「僕の初恋をキミに捧ぐ in 沖縄」

「僕の初恋をキミに捧ギング」

「新食感。僕の初恋をキミに捧ぐ」

「僕の初恋をキミに捧ぐ?」

「興行収入の30%は寄付されますので、僕の初恋をキミに捧ぐ」

「24みたい!!。僕の初恋をキミに捧ぐ」

「年貢と僕の初恋をキミに捧ぐ」

「僕の初恋をキミに捧ぐ、でいこう」



・・・おまけいらなくね?。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ