津波警報

ずいぶんと昔のことだが、面白いことがあった。

近所のスーパーで買い物をして、さて帰ろうかというとき。
町内放送の流れるスピーカーから、よくある「ピンポンパンポーン」的な、みんな聞いてね効果音が流れたのです。

それを迷子か何かかなとなんとなく聞いていると、こう言い出しました。


「ただいま、津波警報が発令されました」


そんな旨の内容だった。
周りにいた人もきょとんだ。

というのも、僕の住んでいるところはだいぶ山で、海に接していない。
だからまず津波は来ず、来たとしたらそれははやりの2012くさい。

何かの練習かとも思ったが、練習にそんなことを言うのかもあやしいし。
翌日いろんな人に聞いてみたのだが、そんな放送を聞いた人は一人もいなかった。

いったいなんだったのか・・・。



・・・と、ずいぶんあとになって、上空の変な層に電波が反射して、遠いところまで届いてしまう現象というものを知った。
詳しいことはわからないが、そんなことがあるとか。



「★ただいま恋の、津波警報発令中★」



ごめん今のぜんぜん関係ない。

で、だ。
どこぞの「ただいま、津波警報が発令されました」が、海抜100mくらいで潮の香りがしない我が近所に到達したとする。
そのとき、僕達はどうすればいいのだろうか。



「★まだかな恋の、ジャコビニ流星群★」



ごめん今のぜんぜん関係ない。

で、ね。
当時の僕は、周りの人と同じくきょとんし、翌日放送について聞いてまわるくらいだった。
海の怖さがわかっていない内陸人にとって、津波どうこうは、見当がつかないことなのだ。



「★小さな恋が、三度笠から見えかくれ★」



ごめんこっちのほうがおもしろくなっちゃった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ