スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたのあゆみ

?ふたのあけぼの?

大昔、人々は保存に回すほどの、言い換えると「ふた」が必要なほどの食物を手に入れることはできず、そのメリットも少なかった。
食物を手に入れることはいくらか危険を伴うものであったし、一方手に入れようと思えば周りにいくらでもある、そういった環境だったからだ。

そんななか、一部の熱帯地方に住む人々の間では、スコールによって食物が濡れないように、動物の頭骨内に食物をつめていた。
これがもっとも原始的な「ふた」の形と考えられている。


図:雨をしのぐ人を表した壁画

互●   |||
   ● ● ●|
   \ぬ\    ぬ
   互     互  




?体系確立?

16世紀まで、原始的な「ふた」は存在したが、基本的には人々は食物をほったらかしであった。
よって、運がよければ乾燥し保存が効くものになっていたが、大抵は腐らせていたである。

しかし人々はこれを仕方のないことだと考えていた。

「私があなたを愛さないことは、物が腐らないことと同じくらい、ありえないことである」
16世紀の劇作家ヤキミソの言葉が有名である。


しかし17世紀初頭、哲学者エトークは、安かったために買いすぎた食物を目の前に、「どうにかこの食材を明日へ持ち越すことができないか」と考えた。

そこで彼は以下のことを試した。

・土に埋める
・ときおり、暖かい息を吹きかける
・ストッキングに入れて振り回す
・つぶす
・わきの下に入れておく

これらの方法はうまくいかず、腐るか、自分がいやになるかだけであった。


しかし唯一、長持ちした方法が見出される。
それが「カスタネットの中に入れてみる」であった。

今日では、カスタネットの上部分が「ふた」の役割を果たしたことは想像に難くないが、当時としては画期的な発見であった。


「カスタネットに食物を入れておくと、腐らないことがある」

エトークの発表に人々は驚き、翌日楽器店は大騒ぎとなった。



明日
?近代における「ふた」?

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。