スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理2

昨日から。

【あらすじ】
「無理を承知の上で」という言葉があるが、無理であることを承知しているのであれば「承知の上」なんてものはないはずだ。
でも、それでも「無理を承知の上で」何か行わなければならない場面とは。

=====

まず思いつくのが「カルネアデスの板」だ。
本ブログでも触れたことのあった気がする。

「あのー、この板ゆずってもらえませんかね。いや、無理を承知の上でなんですけどね。」

これは切実だ。
無理難題を相手に押し付けており、もちろんあんまりなことだと言ってる側も承知しているだろう。

「あ、いいですよ。僕、あっちの浮き輪、チャレンジしますから。」
まずこうはならない。確かに無理だ。


でも「無理を承知の上で」言いたい。ゆずってくれと。
板の浮力が足らず、両者共倒れになりそうだったら、なおさらだ。



「ちょっとすいません。そのパラシュート貸してくれません?。無理を承知の上でね、ね!?。」

やはり切実だ。
ややアメリカンジョーク的な雰囲気が出ていていやだが、とにかく想像してもらいたい。

スカイダイビングで飛び降りたはいいが、しょっていたのがパラシュートではなく、ただのナップザックだったときのことを。
無理とはわかっていても、近くのダイバーに「無理を承知の上で・・・」とたずねたいだろう。



と、上記2例からわかることは、「無理を承知の上で」は生命の危機など、かなり根源的な場面で使われそう、ということ。
切迫した状況だからこそ、ダメモトでも聞くという行動になるのだろう。


ただ、そういった方向でないものも、あることにはある。



「このピーマン腐りそうだから、もうちょっとまかんない?。無理を承知の上で言ってんだけど。」

「無理だとは思うけど、多重結婚しない?。無理なことは分かってんだけどね。」

「ひまだからさ。僕の考えた遊び「こえだめどーん」しない?。無理だったらいいけど・・・」

この3つの例に、生命の危機はない。
そしてそこには「無理っぽくね」しかない。

そう。
これらが言うところの「わがまま」ってやつだ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。