スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長所上塗セレナーデ2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
長所を上塗にした表現というものができる。

「硬亀」など。



=====
こんなのはどうだろう。

「あしながハンサムさん」

もちろん元は「あしながおじさん」だが、「おじさん」ではどうしても「あしなが」の長所が「うわぬり」になりにくい。
言うなれば長所の「うわがき」になる。
その点「ハンサム」はたいがい足も長いため、「あしなが」が長所うわぬりとなるのだ。

ただ、何よりも「ハンサム」にさん付けはいやだ。


最近見ないが「髭男爵」も長所上塗にあたりそうだ。

「男爵」は、まずヒゲが生えていないと爵位なんてありえないだろうから。
その上「髭」なのだから、髭長所を二度塗りしている。

その点彼らはニス二度塗りが行われていると言えるため、もっとがんばってもらいたいところだ。


「ゴルフのうまい石川遼」

こういうのである。
一体どうしたんだ、の体である。
十分「石川遼」のところでゴルフがうまいことは出ているのであるが、そこにきて「ゴルフのうまい」の再確認。

似たところでは「球技のうまい阿部慎之助」「ローラスケートのうまい光GENJI」などがある。


「メガ盛り千代大海」

一般的に、人はそれを大銀杏という。





次回、適当なものに「長所上塗」してみる。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。