それいけ

「目を逸らさないで!アンパンマン」

どうも「それいけ!アンパンマン」というものの「それいけ!」が気になる。
一般的に「それいけ!」というのは、相手をちょっと子供扱いしているから。

例えば子供とゴムボールで遊んでいて、ボールが子供の頭上を越えていったとき。

僕は言うんじゃないだろうか。
「それいけ!」と。

「いけ!」だとちょっと命令節が強いから、それをやわらげているのだろう「それ」。

だから「それいけ!アンパンマン」というのは、アンパンマンを大人とは見ていないし、何かしら気を使った結果であるとも考えられるのだ。

となると、アンパンマンの気持ちがポイントになってくる。

「いけ!なんて言われなくても行きますよ」

こんな考え方をするのであれば「それいけ!」でいいだろう。

一方「それいけ!って、なんか子供っぽくてばかにされている」と感じているのであれば、あらためなくてはならない。

「それいけ!」

「いけ!」

「ゆけ!」

こんな感じ。

さらに「こんな感じ」を続けてみると、冒頭に加えて


「立ち向かえ!アンパンマン」

「大切な地球を守れ!アンパンマン」

「本当の気持ちは心の中だけで!アンパンマン」

「人命救助に比重を置いて!アンパンマン」

「さりげないがいいね!アンパンマン」


とかなる。

「夜景がきれいだね!アンパンマン」

「また頭焼いてやろうか!アンパンマン」

「吶喊せよ!アンパンマン」

「大きく息を吸って、吐いて!アンパンマン」

「ここから先は入らないで!アンパンマン」

「行かないで!アンパンマン」


とかなる。


黒目がちで信用ならなかった彼だけど、これで親近感がわきました。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ