スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出に心痛む夜には。

最近やっとこ自分で分かったきたことなのだが、どうも過去のことをいつまでもうじうじ考えてしまう傾向にある。

「ああ、あのとき僕はハケるべきやったんや・・・」

それが当たっているかはわからないのだが、いったんそう思ってしまうともうだめだ。

今からでもいいから、あのときいなくならなくてごめん、と言おうかな・・・。



4年前である。

さすがにこれだけ経つと、それはもう全然いないことになってそうな気もし、そのときのこのこ現れて、のちに「ごめんあのとき現れて」なんてことになったらコトなので、電話しない。

そして今書いたことが、何書いたんだか全然分かりにくいという点において、うじうじ考えてしまう。
考えてしまっている。

「そのときのこのこ」って、ちょっとひらがな過ぎね?。
目の不自由な女の子ソノと、小さな山の精霊の友情を描いた感動の物語っぽくね?。


・・・過去うんぬんについてだ。

もちろん冒頭のはおもしろ的なことをもくろんだことであり、一方でスケープゴートでもある。




と、物事を纏めようとした今、なんとなくPCエンジンGTを思い出した。

ほら、またなんか違うことで、心が痛む・・・。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。