かわはぎ

キャットフードコーナーに差し掛かるところで、こんなものを見つけた。

「かわはぎ」

犬猫に与えるらしいおやつだった。
よく見ると、酔っ払いおっちゃんが一生懸命噛んでいそうな、立派なかわはぎだ。

飼い犬猫はいいものを喰っている。


それにしても堂々と「かわはぎ」と書かれたパッケージ。
その字の左上に付加されていた、何か遠くを見つめる犬猫のイメージ画像もあいまって。

「ああ犬猫にとっては、かわはぎは思い馳せるものなんだな」と感心してしまった。


しかし「かわはぎ」は、何か隙を突かれてしまい、面白い。

そんなに堂々と「かわはぎ」と書かれてしまっては「そうだよねかわはぎだよね、ごめんなさい」と意味もなく謝ってしまいそうだ。
かなりバイオレンスなネーミングなのに。


ちょっと、かわはぎおもろかったななどと言いながら進むと、次は同じシリーズの「いわし」があった。

このとき、僕らはなんとなくわかっていた。

「なんか分からんけど、今は4文字のがいい」

いわしの棚を探してみると、あった。

「きびなご」


僕らは「か?わ?は?ぎ?」「き?び?な?ご?」と言いながら、よりちゃんと探した。

「ぶたみみ」

かなりいいのが見つかった。


このへんまでくれば、あとは商品がなくとも「ぶたばな」は想像できるし、そもそももうモノを見ることさえ必要ない。
なんとなく4文字のものを発想して、勝手に面白がれる、自己完結型に推移できるのだ。



「かわはぎ」「きびなご」「ぶたみみ」「みねうち」。

「かわはぎ」「きびなご」「みねらる」「しずおか」。

「かわはぎ」「ふりつけ」「うずまさ」「いりのい」。



「みねらる」に思い馳せる犬猫を想像して、たまらなくなった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ