おてつき

「コーヒーをどうぞ」

「で、三枝(さえぐさ)先生は、どのようにお考えで?」

「確かに昔より、悪いイメージもないですしね」

「離婚の原因としては、どのようなものがあるんでしょう」

「実に多種多様です。性格が合わないとか、不倫とか」

「ええ」

「しかし面白いことに、どんな離婚のケースであれ、あるひとつのキーワードが聞かれるのです」

「というと?」

「このキーワードを聞かなかったケースは、ありません。もちろんみなさん意識されていないでしょうけど、離婚のことで言いたい、何かを表すのに、どうしても使うのです」

「それは」

「おてつき、です」

「おてつき、ですか」

「別に、結婚に早まったことを言っているのではないのです。ただ、何か分からないけど、おてつきをしてしまった、こうおっしゃるんです」

「いやですね、離婚の原因が「おてつき」って」

「そうですね」

「そういや貴女はご結婚されているんですか」

「いいえ」

「なんですか、お綺麗なのに。あ、もう時間ですので、失礼いたします」



その若い記者を見送ったあと、ほとんど残されたコーヒーを見て三枝はため息をつくのであった。

「またおてつきだよ」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ