ソゴの世界

以前、何かが引き金となって「ききプリングルス」のようなものがあり、思いのほかサワークリーム味は出会いでつまづいてんな、ってことがわかった。

それはさておき、そこで起きたやりとりで、傷ついたことがあった。



僕もよく知らなかったのだが、「プリングルス」はなんだかたくさん種類が出ている。
まあそれが「ききプリングルス」の意義であるとも言えそうなわけだが、そこで僕はこんなことをみんなに聞いてみた。


「この味は需要ないだろう、っていうのは何かな」

何気ない、しかし問われれば誰しも何かひとネタくらい出そうな疑問である。

ところがみんな、疲れているのか、興味がないのか。
あまり意見は出なかった。

「なっとう」など、かなり保守的な意見がぽろり。

もっとすごいことを言っても良い気がするのだが、みんなそれほど僕に心を許していないのだろうか。


一方の僕は、僕が図鑑に載るのなら「こういうことを考えるのが大好きなページ」に掲載されそうなくらい、質はともかく大好きである。


言い出しっぺであることもふまえ、僕の出した答えは「カルビー味」であった。

なんとなく「っぽい」回答ではないだろうか。
あまり突飛ではない、しかしまとまってないわけでもない。
そんなにイカンことには、なってないと思うのだが。


すぐに「それだったらカルビー買うよね」となる算段だったのだが、以外にも応答は「タン塩味もいやですよね」だった。



カルビと間違われてしまった。

仕方がないので、なんとなくその場はカルビ決着になったわけだが、ちょっとショックだった。


そのテーマで「カルビ味」って言ったことになっちゃった・・・。


みんな、それほど僕に心を許していないのだろうか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ