幻想動物生態・忍者

完全憶測で、いるんだかいないんだかよくわからん生物を紹介する。

◆忍者

和名:
にんじゃ

生息地:
茨城県鉾田市

その知名度は非常に高いが、現実に存在している生物であるかどうかは不明であった。

「木のてっぺんに立っていた」「池から竹の筒が出ていた」などの目撃情報がある一方、「黒装束はごみ袋を見間違えたものである」という反対意見も根強く、多くの議論がなされた。

しかし2010年2月、一組の忍者が公共の場に姿をあらわし、現存する生物であることが確認されたのである。
彼らは言葉を解し、開口一番次のように語った。


「わたしたちは にんじゃじゃ ありません」


忍者であると確信していた関係者を驚かせるには十分だった。
なにせ彼らはあまりに忍者の風貌であったため、誰しも深く考えることなく、彼らを忍者であると認識していた。

質問についても、彼らの主張は一貫して非忍者的だった。


「これは しゅりけんでは ありません うろことりです」

「のうぜいを おこたっては いません」

「それが かんじき? きっこうしばり でしょう?」


黒装束をまとった彼らにどんな質問をしても、このようなありさまだった。

「だってあなたたち、黒装束着てるじゃないですか」
「これが じもとで スパークしています」


この期待を裏切る結果に、忍者への注目度は目に見えて下がった。
一部「川の近くで彼らを驚かせたら、水面を走って逃げた」との報告もあったが、後に誤報であることが確認されている。



ここで騒動はある局面を迎えた。
彼らが、東急ハンズで折り紙を大量に購入する姿が目撃されたのを最後に、完全に姿を消してしまったのである。


ここまでわずか数日の出来事であり、なぜ姿を消さねばならなかったのか。
そもそも彼らは忍者だったのか、なぜ姿を表したのかなど、現在調査が行われていることはニュースで知られていることだろう。


一説によると忍者のふるさとにて何か事件が起きたのではないかと推測されている。
しかし一方では、どうもごみ袋と間違われることだけはかんべんならなかったのではないか、忍者の注目度を下げるのが目的ではなかったのかとも考えられている。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ