雨に唄えば

最近、楽器ケースを持ち歩く人が増えているような気がする。
何かアニメの影響かもしれないが、そもそも音楽をたしなむ人が短い間で激増減するとは考えにくく、単に僕がケースにこれまで注目していなかったのかもしれない。

何より、楽器ケースの中に銃器を仕込んでいるものが2割くらいいることを考えると、日本の電車内はある意味ビッグバンドビートである。





で、これを傘の話に置き換えてみる。





最近、傘を持ち歩く人が増えているような気がする。


これはちょっとおかしい。
最近に限らず、雨の降る日はあるのであって、傘を持ち歩くのだって同様に、最近に限ったことではないはずだから。

何かしらこのセンテンスに意味があるとすれば、天気予報の精度についてくらいだろう。
ただこう言い換えると、もう少し深く切り込めそうだ。


最近、折りたたみ傘を持ち歩く人が増えているような気がする。


確かに昔のに比べると、最近の折りたたみ傘は「より折りたためる」。
どうかと思うくらい小さくちぢこませることができるものもある。

そのため「折りたたみ傘を持ち歩く人」が増えているとも言えるわけだ。

さらにその内の2割は銃器を仕込んでいるというのだから、折りたためる分計画性が高く、その点日本の電車内はある意味ゲリラ豪雨である。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ