もう、漬ける漬ける。

昨日からのつづきです。

【あらすじ】

「ハブ酒」「マムシ酒」「ムカデ酒」。
漬けたはいいけど、結局のところ何がにじみ出てんの?


=====

「こないだの漬ける?、の件だけど」

「まあそれはいいとして、今付き合ってる人とかいるの?」

「うん?、いやまあ漬ける話はいいじゃん、この際」

「ああ、いないんだ、そう」

「え、に、濁り?。いやまだ漬けるの話、ね」

「それにしても今、特別な感情を持ってる人とかはいるの?」

「え、に、憎しみ?。まだ酒に漬ける話?。生きたまま酒に漬けるから、憎しみが酒に溶け出・・・。あ、ち、違うの?」

「・・・ぼ、僕?。何か怒ってる?。漬けるやつの話じゃないから?。あ、ごめんね」

「ごめんね、じゃあまずは漬ける話からしようか」

「ウェイターさん、ハブ酒あります?」

「あ、ないのね。そりゃそうですよね、こんなとこにないですよね」

「え?、女の子連れておいて、バーでハブ酒所望って?」

「どれだけ、直球じみているんだ、あんた、と」

「ちょっとウェイターさん、コースターにこんなこと書かれても困りますって」

「しかもそのコースターの上に乗っているのはハブ酒じゃなくてカクテルじゃないですか」


「ああごめん、ちょっとメモが、ね・・・。で、恋人はいないんだったよね」

「いやいやいやわかってますって。漬けるやつの話だよね」

「そう、漬けたはいいけど、結局のところ何がにじみ出てんのか、だ」

「これはなかなか難しかったよ」

「お酒に溶け込むようだから、その性質を利用して分離抽出しようと思ったんだ」

「そうしたら、ね」

「その性質を担う箇所が物質にはあるんだけど」

「官能基とかって言うんだけど、その性質を見出して、どうにか抽出できたん・・・」

「・・・いやあ、これ以上は言えないな・・・」

「・・・だって今、僕はハブ酒のハブのようなものだもの」

「官能基のせいで」

「今ここで、恋愛物質が溶け出しちゃっているんだもの」


「・・・ってオチのメモを先に相手に渡すの、やめてもらえません?」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ