まつりしばり

「さくらまつり」
夏にやっていたらどうだろう。
おかしいじゃないですか。
さくら、ないですから。


このように、一般的に「まつり」というものは、しばりがある。
「さくらまつり」の場合は「さくら」だ。
必ずこのまつりには「さくら」が付きまとう。

「お酒ばっかり飲んで、さくら見てないじゃないですか?」

ほらね。
見てすらいなくとも、「さくらまつり」にはどうしても「さくら」が付いてくるのである。

以下、こんなまつり、あったらいいね。


=====


「秋場所うっちゃりまつり」

相撲がこんなことになっては大変だ。
力士達は多分にプレッシャーを感じるに違いない。

なにせ「うっちゃり」のしばりが、有無を言わさず付いてくるのである。

それ以外の決まり手で勝ったりしたら、お客さんが失望してしまうかもしれない。
なんたって「秋場所うっちゃりまつり」に来たお客さんだから。

誰だこんな企画をしたやつは。

仕方ないので、みんなと相談、「限りなく上手投げに近いうっちゃり」「寄り切りうっちゃり」などの誕生となるだろう。



「河川敷いもにまつり」

実際あるような気もするのだが、もしそれが芋煮以外のものも提供しているのであったら、それは「いもにまつり」ではなく「まつり」である。

「いもにまつり」をうたうなら、芋煮一本で行かなくてはならない。
どこを見ても芋煮である。
湯気である。

まつりの終わる頃には、芋煮を見すぎて、もはや芋煮を芋煮と認識できなくなっていることうけあい。



「高幡不動伸縮自在まつり」

どうしたことだろう。
何か、高幡不動には伸縮自在で有名なものがあったのだろうか。
なぜ「高幡不動尊まつり」というデフォルトを差し置いての「伸縮自在まつり」。

道祖神的なものもありそうな気がするぞ「伸縮自在まつり」。
とりあえず第一回目は何が催されるのかが気になって、人結構集まると見た。











この辺、まつりのあと。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ