三つ編み

三つ編みというものが気になった。
その象徴たるものもさることながら、何よりも「なぜ編みこんでしまったのか」。

そこだ。


残念ながらやったことはないのだが、結構手間のかかるものなのではないか、三つ編み。
しかも、かなり持ちやすく、その人を捕らえることが容易になる。

髪がばさりとまとまらないのは、じゃまくさいのだろうか。

しかしそれなら、適度に切り落としてしまえばよさそうだ。

ただ、いつの時代でも長い髪は尊重される。
切るのはもったいないなあ、ということなのかもしれない。



それにしてもの編みこみである。

まとめる方法は他にもあっただろうに。
また、突然「髪じゃま!!。編みこも!!」と発想する人はちょっと考えにくい。

以上より、何か特別なことが起きて初めての「三つ編み」が誕生。
それが急速に広まったのだろう。


思うに「ねぐせ」があやしい。

その「三つ編み」の創造者たる彼氏彼女は「ねぞうが悪く、髪長く」だった。

そして一晩の間に「三つ編み」もしくは「三つ編みに準ずるもの」を自分の体で紡いでしまったのである。

髪を編みこむんだから、おそらく寝返りをうつようなものではなく、体をくねらせるねぞうタイプだったと推測される。

しかも彼氏彼女は「いさぎよく」でもあった。

大変なことになっている頭のまま、外をうろうろしたのである。
おおらかである。

そしてその姿が神々しく、しかも髪まとまってるがうわさとなり、現代にかなり近い「三つ編み」が誕生、現在にいたるんだと思う思わないけど。





結論
三つ編み = 現代社会における行き場のないストレス + 肉体をキャンパスとしたアート のコラボ。




次回
「三つ編みに何を編みこんだら、いいか」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ