抑止力

穴があったら入りたくなるほど恥ずかしいことがあったのだが、残念ながらその穴がない。

しかたがないので用意しようと、近所の公園でスコップ片手にうろついていたところを警官に捕まった。

あなた、何しているんですか。

いや、ちょっと。「穴があったら入りたい」って言うじゃないですか。いきなり正直に言うのもどうかと思うんですけど。今、まさにそういったことになりまして。
その用意なんです。

いや、だめでしょ。やめてください。

すいません。確かにスコップを手に大の大人が公園をうろついてちゃだめですよね。

・・・そういうことじゃないんですよ。
誰だって、いつだって穴があったら入りたいくらいの過去や癒えないもんがあるんですよ。
それでも塞ぎこまないのは、そう、穴がないから、それだけなんです。

穴がないことだけが、その抑止力になっているんです。
知らなかったですか。

そんな、穴を掘るなんてそぶりを他人に見せては、社会生活の根底を揺さぶることになります。
即刻、やめていただきたい。


警官が指差す僕の背後を振り返り見ると、列ができていた。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ