スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使のはね

「決定的瞬間」という言葉が使われたとき、それはおまえどんだけハードル上げてんのか分かってんのか、と言いたくなるくらいである。

ただ、上がる分くぐりやすくもなるわけで、その点よろしい。



先日、先を歩いていた女性の目の前に、いきなりさやえんどうが落ちてきたところを目撃した。

まわりにさやえんどうに関するものはなく、あるとすれば近隣マンションのベランダから落ちてきた、家庭菜園さやえんどうだろうか。


僕は女性の動向に釘付けとなった。

というのも、これは主観が入るのだが「さやえんどう」というのはだいぶ昔からそのゆるさが着目され、何かといじられてきた歴史を持つ。

それが目の前に落ちてきた。



さて、どうするんだい。



ある意志が介入してきたとしか思えないシチュエーションである。
さて、どうするんだい。

残念ながら、というか当然だが、女性は何事もなく、あるいは気づきもせず、歩いていってしまった。
回答のひとつである。

だから僕もそれにならい、気づかないふりをして、歩いていってしまった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。