このあいだ、ねこが出るなどと書いていたわけですが、これから僕はねこを探しに行かなくてはなりません。

キキはおそらく数ヶ月であろうノラ期を経て、連れてこられたとき「シャムネコじゃね?」と言われていたが大きくなるにつれて明らかにシャムではなさそうな模様の出てきた、いじめがいのある雄ねこだ。

その生い立ち、どうにもいじめやすい上目遣いが災いし、少々気の小さいねこになってしまった。


そいつが、ひっくり返りながらも窓を開け、脱出をはかるのである。
それほど我が家がいやなのだろうか。

いやならいいさ。
出て行くがいいさ。

お前よりもかわいいねこはたくさんいるんだ。
知っているか、こねこって。え?。


とはいえ探さない訳にはいかない。
小声ながらも名前を呼びながらそこらを徘徊せねばならない。


ききい
ききい


僕はねこを探しているのです。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ