スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両手いっぱいの星

庭に植えてあるきゅうりか何かの葉に、テントウムシが引っ付いているのを見つけた。

それは確かジュウニヤホシテントウ。
アブラムシをばくばく食べるお仲間のテントウムシとは違い、こいつらは葉っぱを食う。
いわゆる害虫枠の昆虫である。

幼少期、僕はこれを両手いっぱいに集めて遊んでいた。

映画「となりのトトロ」では、メイちゃんがすすわたりというやつを捕まえ「とった!!」と叫ぶシーンがある。
映画を見た方ならわかると思うが、あれはすすわたり的には「とった!!」ではなく「殺った!!」である。

要は、明らかにつぶしている感じ。



僕はジュウニヤホシテントウを両手いっぱいに集めた。
しかしそれは、殺るためではなかった。

なんとなく、植えてある野菜なんかに悪さをするんだという認識はあったが、ただ単にたくさんテントウムシを集めることが、生きる上での重要項目上位だっただけなのである。

僕は手頃な保母さんに手の中を見せて微妙な表情を獲得したのち、満足げにテントウムシを放っただろう。



今は無理だ。
テントウムシを両手いっぱいに持つことなんて。
手のひらが黄色い汁に侵されるなんて。

現状、生きる上での重要項目上位に「テントウムシを両手いっぱいに持つ」はないのである。

そして、それほど勢力拡大していないこの虫をどうこうする項目もない。

我が家のジュウニヤホシテントウは今のところ、安泰である。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。