スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日、えもっちの家に、遊びに行くべ?。」
そう聞かれても、別におかしくなかった。

小学生のとき、綿に消毒液が滲みこんでいくように広がっていった「べ」語尾。
どこが発生源なんだ。

それはわからないが、由来は時代劇か。

「おらさ、お殿様に会いに行くだ。それしか皆を静めることはできないべ。」
「んだ。んだ。」

こう考えると、小学生のときの僕は、気が利いていない。
「んだ」ではなく、「行くよ」と答えたから。


「べ」の効用について、考える。

①「今日、えもっちの家に、遊びに行く?。」
②「今日、えもっちの家に、遊びに行くべ?。」

一目瞭然。
伊達政宗もそう言ってる。

①は、「うーん、今日はいいや」という余地が残されている。
②は、「うーん、今日はいいや」とでも言おうものなら、四肢を押さえつけられた上に濡れた和紙を口に張られる。

「べ」は、その田舎的な雰囲気とは裏腹に、会話の相手との間に強弱の関係を生む。

でも、これはどうだ。

③「今日、畑の様子、見に行くべ?。」

これだと、なぜかはわからないが「うーん、今日はいいや」でもいい気がする。
「いんや、今日は行がね。」と。

そうなると、次は「えもっちの家」と「畑の様子」の関係が気になるところ。
田舎具合か?。

そうならば、考えようによっては「べ、を使うことにより、相手の返答を意のままに操ることができる」かもしれない。

相手にYESを言わせたい場合
「明日、一緒に遊園地、行くべ?。」

誘うことは誘うが、相手に任せる場合
「明日、一緒に遊園地で、チュロス食うべ?。」

それぞれの期待する回答は以下。

「うん、いいよ。」
「え?、チュロス??。」

チュロス、当て馬気味に使って、申し訳ない。


今回は、いまいちだべ
評価:★★★★★

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。