スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽろりの話 2

なんとなく前回の内容を見ていたら、発見した。
独眼竜の要所要所に「だ」を入れると、強そうになることを。
「ドクダガンダ流」。

=====

以前、「ぽろり」というものについて書いたことがある。

ぽろりの話

まあ、本音とか水泳大会のこととかを書いた気がする。


今日の帰り道、ほかにも面白い「ぽろり」もあるんじゃないかと思えてきた。


電車の背後にいた男が、こんなことをぽろりと。
例えば小声で、携帯電話で話したらどうだろう。

「代車だから、今組織に動いてもらうのは勘弁ですね」

これは、周囲の一般人に気づかいつつも、「ぽろり」と言ってはいけないことを口にした、スーパーヒーローではないだろうか。

おそらく出動時のハイテクなカーが車検中なのである。
だからいざというとき、代車を使わねばならないから、それはいやだなあと本音が出てしまったのである。

先ほどのとおり、周囲は一般人だ。
自分の正体がばれるという、大失態なのかもしれない。



また、こんなのもある。

「振り向いた拍子に、ワンピースのすそからマジカルステッキが、ぽろり」

魔法少女である。
これも周囲はかなりおもしろいが、本人にとってはかなりまずい。
記憶消されることうけあいである。



最後に、こんなのも考えてみた。

「やっべゲルニカのはじっこにあれ書くの忘れてた」

こいつピカソだ!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。