アドリブ

本日のディスカッション

「アドリブについて」


========

中略
?お笑いを芸術にしようとしたやつは誰だ?

========

「アドリブに強い人と、弱い人っていますよね」

「確かに」

「アドリブに強い人は、逆に台本あったり、道筋がひらめいちゃったら、逆にぎくしゃくする感じらしいよ」

「アドリブ・ヒトラー」

「この話題ふったあげくにそんなこというんじゃ、なんだか2重にだめですね」

「ダブルパンチですね」

「・・・」

「ほら、例えばお前すわってるいす。その背もたれに何をセットしていたら面白いと思う?」

「ああ、確かにこういうのもアドリブと言えますかね」

「八宝菜」

「ホヤ」

「足で踏むタイプのつぼ押し」

「アポジモータ」

「程よく水切りしたい豆腐」

「ただ俺、思うんだけど、アドリブを「要求するって形で表現するとき」には、もっと広く、自由でなくちゃいけないんじゃないかな」

「制限は最小限にするんだ」

「というと?」

「いすが制限だとしたら、さっきの背もたれの件は、アドリブをたしなむ上でちょっと過多な制限なんだよ」

「けどそうなると、さっきのお題はどうなっちゃうんです?」

「うーん。例えば、いす自体を使って面白いことをする、とかかな」

「バランス芸しか思いつかないですね」

「しかも面白いというよりは感心ですかね」

「新しい形のいすを自由にデザインしてみる」

「なんか課題じみてますね」

「きゆづきさとこの漫画でありそうですね」

「難しいな」

「こういうのはどうでしょう」

「うん?」

「いす!! あはははははははははははははははは!!」

「お、なんか自由だ」

「なんか、いすを見てすぐに思いついたことがあって、それをかなりシンプルに表現している感じですね」

「説明ありがとう」

「いす!! いーすいすいすいす!! いーすいすいすいす!!」

「さも何かが鳴いているかのように、いすだ」

「なんかアドリブと違う気もしますが」

「そりゃお前、さっき言った「アドリブを要求」の前提が、ちょっとへんだからだよ」


「今日はいすばかりになってしまいましたが」

「まあいす、たくさんあるしな」

「でもアドリブって、そう意識した時点でなかなかその場では再生しないですね」

「まあそうだな。じゃあ帰るか。でも、寄り道しよう」

「どこですか?」

「学校の前の民家だ」

「ああ、木のたくさん植わっている」

「あそこのおじいさん、朝に打ち水するよな」

「ええ」

「外に置いてあるバケツの水を、塗料に入れ替えておく」

「はい」

「それだけで次の日、アートができるって寸法さ」

「それもアドリブとは違うんじゃないですかね」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ