サイドカー

僕はサイドカーを見たことが、数えるほどしかないと思う。
最後に見たのは、いつだっただろう。


サイドカーというと、まず考えてしまうのが「走行中に本体から外れてしまった場合」のことだ。
エンジンはついていないと思うのだが、そんな事故のことを考えてしまうと、せめてブレーキでもついていれば。

しかしブレーキがあると、そのことが「走行中に本体から外れてしまった場合」を引き起こしそうだ。

そうとまで行かなくとも、ブレーキをかけたとき、サイドカーを内側として本体が弧を描いたり。


ところで、サイドカーを見た訳でもないのに、唐突に僕が思いついたのは「サイドカーに何が積んであったらよいか」だった。

そして同時に「とれたてのカブたくさん」「朝市」というキーワードも出てきた。

そうか。
朝市に搬入できるか、むずかしいところだったのか。

次に思いついたのが「闇米」だ。

そうか。
すぐ逃げられるのか。

次は「洗濯物」だ。

そうか。
コインランドリーに持っていくのか。
それとも乾きが早いのか。

オカモチもいいし、スイカも映える。
仮面ライダーが乗っていたら、ああサイクロン号修理してるから、これでベルトのやつ回すんや、と感慨深くなるだろう。




サイドカーは、もっと需要があってもいいと思った。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ