スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひねるな

カニバリズムとすねかじりをひねった話は多い。
落語だったか。

この考え方でいうと、「ほぞをかむ」は何リズムが当てはまるのだろう。

それは「でべそ至上主義」だ。


でべそ至上主義とほぞをかむをひねった話はあまり聞かない。

「でべそ至上主義が広まらないよ?」

「なんで主張者の俺はでべそで生まれてこなかったんだ」

「後悔」

「ほぞをかむ」


僕はでべそに対して、何ら優劣の印象を持たない。
それはそもそも見た事ないからかもしれないし、原初的にどうでもよくない?という考えがあるからかもしれない。

それでもでべそについて一般的なイメージがあるところを見ると、原因は漫画の1コマか何かだろう。

それは明らかに、へそと思われる部分がでっぱっており、子供ながら奇妙に見えた。

しかしぎりぎり「いちじく?」と思わせる何かは、実際に見ていなかったでべその代替として、十分だった。

ほぼびわだったそれは、場合によっては命の危険もある病気である。
しかし、漫画がブラックジャックじゃなかったためか、でべそは単におとぼけキャラを引き立てる秀逸パーツだったのだ。


ここまでむりくり考えて、どうにか「でべそ至上主義」という言葉に懐古という意味を持たせる事ができた気がする。
だがその瞬間、結局でべそはどうでもよくなり、「懐古至上主義」のようなものになってしまうのだった。



懐古至上主義と養蚕をひねった話を聴いた事があるとしても、基本スルーの予定。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。