鳥丼

先日、お昼ご飯に鳥丼というものを注文した。

旨味がありとてもおいしかったのだが、とにかくすごいのが歯ごたえだった。
ごりごりごり。


ゴムなのである。
あごが疲れるのである。

もちろん本当にゴムなのだったら、無味もしくは不味であるため、歯ごたえを感じる前に心ごたえを感じるはずだ。
結果、吐き出してしまえばよい。

しかしそのゴムは、やたらといい味を出力してくる。
困ったものである。


いよいよ口を開けるのも辛くなってきた頃、ようやく食べ終えた。
地鶏というものがどういったものかは知らないが、なんかとにかく元気だったんだなと感じる。

それをこう、おいしくいただき、しあわせだなあ、と。

あれ、さらにデザートが出てくるんですかそうですか。

それにしても食事というのは、噛むことだということをあらためて認識させられた気がするな。

・・・

お昼休みが超オーバーである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ