にじ

死骸とはいえ、たまむしを見つけた。

森が多い場所とはいえ、都内にもいるらしいのである。

こいつはたしか幼虫時代を木の中で過ごす。
その期間は結構長かったはずだ。

そして成虫になっても高いところばかりにいるらしい。

なかなか出会わないものだから、まじまじとながめてしまった。

しかしぼくは出かける途中だったのだ。

その殻を持っておく場所がない。
通り道の塀に置いておくことにした。


帰り、どうやら雨が降ったのか、路面は湿っていた。
たまむしの死骸はどこかに行ってしまったのか、塀の上にはなにもない。


持って行けばよかったか。

しかし、かばんの中でこなごなになったりでもしたら、その昆虫性ふしぶしパーツのせいで二度とそのかばんを使うことはなかっただろう。

それに、雨の日に虹を捕まえておくというのも、あじけないわけで。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ