スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじらについて。

「くじらのつまようじ」とくれば「さけとば」のことなのである。
今勝手に考えたのである。


何かそこそこ大きくて固くて長いため、下ネタに走らずこのような命名をしてみた。

このように何かに例えた商品名、あるいは和名というものは数多い。

たいやきという物がある。
鯛の形状をしている。

へそまんじゅう。
これはどうやら、へそのようなへこみがあるから。

ねこじゃらし。
これはそのまま。

しかしこの手のものは、商品名作製に手を抜いていると思われても仕方がない気もする。


僕は、手を抜いているのを、見ている分には大好きである。


ここでは、とにかくいろいろなものを何かに紐づけてみる。
ちょうどさきほど「くじら」が出てきたので、それを用いてみよう。


たいやき。
これは「くじら」にとって何なのだろうか。
いきなり難しい。

「くじらの稚魚」はどうだろう。

「くじらの稚魚」とくれば「たいやき」のことなのである。
ここで賢い子供が、くじらは魚でないことを挙げ、家族間に会話が発生、円満になるのである。


へそまんじゅう。
どうもさきほど思いついた「手を抜いているんじゃない?」モノは、あんこが深く関わっていることが判明した。

「くじらのへそ(原寸大)」はどうだろう。

「くじらのへそ(原寸大)」とくれば「へそまんじゅう」のことなのである。
「原寸大」という言葉のリアリズムといったら!!。


ねこじゃらし。
これは「くじらの産毛」が正解ではないだろうか。

「くじらの産毛」とくれば「ねこじゃらし」のことなのである。
くじらの背中を草原に見たてるなんて、ファンタジーじゃないですか。


こうなってくると、単に「くじらの○○」で表すことが面白くなってくる。

「くじらの八重歯」とくれば「三角コーン」だろうし、「くじらの背もたれ」とくれば「飛騨山脈」、「くじらの草野球」とくれば「日本シリーズ」であり、「くじらのキャメルクラッチ」とくれば「水爆」だろう。

「くじらの立ち読み」とくれば「本屋を恐怖のどん底に突き落とす万引き集団K」とかだろうし、「くじらの音読」ならば「空港近辺の騒音」だろう。

だろう、ってのものないですが。

ちなみに冒頭。
下ネタに走った場合、まずは「○○のミイラ」になることうけあいである。


次回。
逆に「くじらやき」「くじらまんじゅう」「くじらじゃらし」とは何かを、なんでくじらを例にしたのかと自分を呪いながら考察。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。