重力

高い塀から落ちて怪我をし、それを「重力の暴力」であるとして訴える。
あまり聞かないが、それは重力というものがあまりに身近であるためだろう。

生まれでた瞬間、いやもっと前からか。
その力を受け続けてきた生物にとって、それは当たり前の責務なのである。

しかし一歩下がってみると、あまりに不当な現象でもある。

勝手に発生しておいて、呪縛を与えている。
そして重力も重力だが、それをごていねいに受け続けている我々も我々である。

知るか重力!!。
もう俺は宇宙へ行く!!。

そんなニュージェネレーションが増えてくるかもしれない。

しかし、それにより何を失うか。
それはまあ知らないよね。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ