スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手動

手動車というものはあるのだろうか。

もちろんこれは「自動車」がわざわざ「自動ですよ」を主張しているからである。

少し考えるだけでも、手動車はたくさん思い浮かぶ。

リヤカーや手押し車はもちろん、チョロQもそう。
「普通手動車」だ。

「車」を広義的な視野でとらえれば、滑車が含まれた理科の実験のほとんども手動車となるだろう。

自転車も、その「自」が「自動車」と通ずるのなら、「自転車って、俺らが回転させてんだろ!」と怒っていいかもしれない。


正直、自動車に対しての「手動車」なんてものには全く興味がない。

「今日は寒いから、すいとんにしましょう」

「やったー、かぼちゃ入れようよ」

「手動車、手動車、手動車!!」

「豚肉は細切れがいいな」

この会話だけで、ちゃんとすいとんができる。
間に挿入された手動車は、聞こえていたとしても自動的に雑音として消されている。

このくらい興味ない。


ただ少しだけ気になったのが「電気手動車」の存在だ。

「何かしらの作用で電気は帯びるが、車の運用には特に使用しない」

なかなか美しいじゃないですか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。