スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行1

始発だというのに、思いのほか乗客が多い。
それでも空席の目立つ車両で、僕はPSPで眠気を殺す。

周りが明るく照らされ始めたころ。
駅のホームで体操をしているおばさんを見かける。

モノレールから眺める海は朝日で輝き、それが風でうごめくものだから全く飽きない。

ずっとそれを見ていたら、ある本に「日の出と日の入りの映像は、違いがわからない」と書いてあったことを思い出した。

確かにそうかもしれないと、今が早朝である事をつとめて忘れ、その上でモノレールからの風景を見ようとした。

しかしどうしても早朝だった。
車内のけだるさがそうさせるのだった。


北海道旅行である。

何らかの裏取引を成立させ、飛行機の窓側に陣取った僕はその2時間後、タクシーで13000円ほど払う事になる。
あほである。

普段タクシーを使わないので、相場が全くわからなかった。
新千歳空港から札幌まで、そのくらいかかったのである。

高速みたいな道路にタクシーが入ったとき、僕は覚悟を決める。

俺は、北海道のタクシーのいいお客さんになってしまったよ。
タクシーは、こんなにお金がかかるのかい運転手さんや。

俺は、北海道のタクシーのいいお客さんになってしまったよ。

仕方がないので、僕は昆虫図鑑アプリを閲覧、ゲンゴロウが北海道にも生息しているらしいことを知った。

ゲンゴロウ。
同乗者はぱっとその姿を思い出せなかった。

それもそうだ。
現在「だいぶ少なくなったよね」具合を、環境省が太鼓判を押している。

なんか文章が変だが、仕方ない。
いいお客さんになったんだもの。

そういえば昔、僕はこのゲンゴロウを飼っていたことがある。


北海道旅行である。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。