考える。

「考える」だか「考えろ」だか。
そんなことが書かれた帯が付いている文庫本があった。

正直なところ、本を読むのは何も考えたくないから読むこともあり、なかなか難しいところだ。

しかしもっと複雑なのは、この帯が付いていないものだ。

たまたまその帯のついた本が「これ売り出してます」みたいなコーナーにあったのだが、そのなかでただひとつ、なぜか向田邦子の文庫本だけが、同等に陳列されているにもかかわらず「考えなくていい」ことになっていた。

確かに「考える」という帯がついたものは重厚な面持ちだ。
そんななかでその帯が付けられていない本は、その分余計に考えなくてよさそうに見えるのである。


その本が一番売れている。
この本屋は、わかってる客が多い。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ