犬がほら 服を着てる

犬に服を着せることが特殊だった時代は日本ではもう終わり、むしろどんな服を着せているのかぐらいの話になっている。
かわいいが、不思議といえば不思議なことである。
うちの猫も毛が薄いので、なんか着せている。

主人の葬式に喪服姿で連れてこられる犬。

しかし度が過ぎているというのもある。
今書いたのが、まさにその典型的な例だ。

犬の喪服を用意し、着させる心理的余裕がある。
そうとらえられてしまう。

ウェットスーツを着せられてサーフボードの先頭に立つ犬。

わからないが、溺れるのではないだろうか。

縁日などで見られる、犬のふうせんに車輪の付いたもの。

ぜんぜん話が違うのだが、僕はこれの意味することがいまいち分からない。

まあ、全体的に度が過ぎてはいけないのだ。



なんとなくだが、「喪服姿で改札に来るハチ公」というのを思いついた。
通りがかりの人はそれを見てこう思うだろう。

「もう死んでるって分かってるやん」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ