スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
電池に何をすると、少しくらいは復活するのだろうか。

=====

1.神棚に置く。
2.モーツアルトを聴かせる。
3.遺影の前に供える。
4.先端のぽっちだけだして、土に埋めてみる。
5.人差し指と親指でつまみながら、激しい運動をする。

これで行こうと思っていた。
5番なんて、「逆につまんだらむしろ運動するためのエネルギーをもらってしまうので注意」みたいに書けるし。

しかし、寒くて手がかじかんできた。

手がかじかむと、まず困るのが格ゲーのコマンドの精度が落ちることだ。
ごめんあまり困らない。
やらなければいいのだ。


6.新品の電池と混ぜておく。
7.似顔絵を描いてあげる。
8.水の入ったコップの上に縛りあげておく。
9.下敷きと下敷きのあいだでころころさせる。
10.弱火で軽くいためる。

こんなのもあるなと思っていた。
8番なんて、理科の実験みたいに書けるし。

それにしても寒い。

11.水の入ったコップの上に縛りあげてある状態の、絵を描いてあげる。

電池のやつって、何考えてんのか分かんないのな!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。