スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森ガール

靴屋で目を引くポップがあった。

「森ガール風」

森ガール風である。

僕のイメージが間違っていなければ、それは「これから山を散歩しながらベニテングダケを取りに行きます」という感じの服装であり、昨年あたまあたりから始まった森ガール情勢はまだ息を続けているはず。

また、日本が古来より森ガール生活を送っていた事は想像に難くなく、先ほど触れた毒キノコですら食用にする術を身につけている。
日本は実戦的な森ガール排出国である。


ただ、この靴屋で僕が感じたことを考えてみると、日本の至宝たるひとつが、失われようとしているのかもしれない。

「森ガール風」

僕はこれを見て「森ガールたちには、目指すべき確固たる森ガール像があるのだ」と思った。

その、「確固たる森ガール像」というのがおもしろく感じられてしまったのである。

それは日本古来から伝わる森ガールがおぼろげになっているということである。
これはいけない。

今のうちに日本古来の森ガール像をちゃんと確定していなくてはならない。
それがまさに「確固たる森ガール像」となるべきものであるはずだから。

まだ、まだその様相は日本人のなかにとどまっているはずだ。

さっそくgoogle画像検索で森ガールを抽出。





・・・残念。
もう、たまたま森に来ていたらしいガールしかいなかった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。