スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでん

その本屋からエスカレーターを降りていくと、目の前には子供服売り場があった。

子供は成長するのが早いから、新しい服を次々に買うのは気が引ける。
そんな話を思い出した。

しかし考えてみると、大人と子供の時間の流れ方は同じじゃないだろう。

「そんな子供に、いつまでお下がりを着せておく気?」

と、このフレーズが唐突に考えだされたので、困っているのだ。

子供服のことをずっと考えていたわけではない。
どちらかというと「コーヒーを飲んでいてむせて、口からはいたのがキーボードの上にこぼれて、そのコーヒーには砂糖を入れていたっけ?」ということくらいだった、考えていたこと。

ただ、むせただけ。

しかし出るんだ口から、よくコーヒーが。

さっさと手で押さえるなり向きを変えるなり、ティッシュを取るなりするべきだったのに、思いのほか体が言う事を効かない。

効かないというよりは、どちらかというと「むせる事」が思いのほか大変なこと。
思いのほかコーヒーが口からはき出されること。
思いのほかそれに驚きを感じている自分がいること。

予想外の出来事のせいで体が動かない。
そんな感じ。

「キーボードが乾いたとき、砂糖のべたつきでキー押しの感じがどっこいしょになっちゃう」とあせる一方で「あーあべとべとになるわー。でもいいや、なるがいいさね」とどこかやけくそにもなる。

そのやけくそ感が「そんな子供に、いつまでお下がりを着せておく気?」という謎コピーを生み出したのか。

いいんだ。
いつまでもお下がりでいいじゃないか。

それよりもキーボードのべとべとのが重要でしょう?。



キーボードを干す。
べとべとは避けられないだろうが。


そして午後5時。
日もくれたのに干されたままのキーボードが言うわけだ。

いつまで干しておく気?


ごめんなさい。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。