スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どくろを置いたら

このブログの書き出しで多いのが「みんなでー!! ぱっちょむ!! ぷぷるぴーの!!」ではないのだが、たいていは「最近気になるのがね」だ。


それ。
正直、そんなに気になってない。
むしろゼロの勢い。

ゼロというものに勢いがあるかどうかは難しい所だが、そんな中で最近気になるのが「どくろマークの下でクロスする大腿骨みたいなもの」だ。

どくろマークはわかる。
危険なんだ。

毒薬。
自爆スイッチ。
海賊。

どれもちゃんと危険。

しかし多くのどくろマークには下、あるいは背景としてクロスした骨っぽい骨がある。
あれはなんなんだろうと思う訳だ。

調べてみると「トーテンコップ」というどこかの紋章に、それが特徴としてみられるらしい。
しかし「クロスした骨っぽい骨」の詳細はなかなか見当たらない。


まず考えられるのが「威圧説」だ。
どくろでも十分威圧的でデンジャラスだが、さらに大腿骨を添えることで、もう骨満載。
おまえこれ触ったら大変だぞ、大腿骨もこうしてやるぞ、を存分に出している。

添えるといえば「どくろを置いたら



=====
ここで、下書きが終わっているのである。
一体、なぜこんな中途半端なところで書くのをやめているのだろうか、5月の私。

【添えるといえば「どくろを置いたら】

続き、僕が知りたいわ。


今考えるとするならば、「どくろを置いたら転がってしまう。どくろは安定性が悪いのだ。だから大腿骨を添えて転がらないようにする、箸置きみたいなもの」だろうか。


ということで、今回はフリーシナリオシステムを採用。
自分だけの「どくろを置いたら」を楽しもう。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。