スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還元則 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
ポイントカードが苦手。

=====
ポイントカードを持っているのに探す手間が申し訳ない、めんどうくさいという人間がいる。
そういう者たちにとって「持っていないと嘘をつく」のはけっこう日常茶飯事。

以前、こんなことがあった。

ツタヤでレンタルビデオを借りた後、同じフロアにある本屋コーナーにて本を購入するとき。
そこで「カード持ってない」と嘘をついた。

この短時間でカードのありかを忘れた訳ではないが、あまりに「カードありません」を頻繁に使用していたため、何となくそう言ってしまったわけだ。

店員は怪訝な顔をした。

今なら理由が分かる。
僕はレンタルしたビデオを例の発色の良い青パッケージに入れて所持していたため、それがまさにカードなくしてはレンタルできないものなのである。

それを持っているのに「カードない」とはこれいかに。
店員はそう思ったんだろう。



こんなこともあった。

ビックカメラで、レジにて財布からお金を取り出すシーン。
店員にはカードが見えたのだろう。
僕はそれに気づかないまま「カードありません」とやったところ、いや今ありましたよとの指摘。

この財布のどこかにあるのは知っている僕だったが、すでに嘘をついている建前上、その嘘を貫き通す責任があった。

いやないですよ。

「いまその隙間にありましたよ」

見間違いですよ。
前のお客さんの残像ですよ。
おたくのお店と同系列の病院の診察券ですよ。
お前のコンタクトレンズにそういう模様が入ってるんですよ。
KARAのプロマイドですよ。
秘密クラブ「ハーフ&ハーフ」の会員カードですよ。


もちろんそんなことは言わず嘘もつらぬかず、時間をかけてカードを渡す僕。
ポイントで全ての清算を済ます事ができた僕。
結構ちゃんとポイントカード使えてる僕。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。