スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプラッシュ青春

最近知人がハマってしまい、その結果AKB48の曲を聴くことが多い。

こう書くと「人に頼まれてサンタフェ買いにきました」的な、実はおまいなんだろという雰囲気も出るが、幼少よりアイドルにあまり注目できていなかったためか、今更その生き方を変える事もできないわけで、今のところいい曲があればそれを聴く程度の姿勢。

何かしらアイドルに感化されたかというと、あるとすれば街中で見かける女子がみなAKB48に属しているように感じられ、そしてほぼ例外なくかわいく見える症状くらい。


ひとつ、すごく楽しくなった曲がある。

確か冒頭の歌詞で「コーラを振ったあと、それを相手に渡す」旨の内容だった。

何か青春。
しかし気になるのは、このフレーズを10秒くらいかけて歌っていること。

正直「コーラ振った」くらいのところで、それを気になる相手へのいたずらに使用する事が分かってしまうため、そのひとくくりを10秒かけて歌うのはどうなんだ、と思った。

ひとフレーズを歌い終わったとき、「ほらやっぱりいたずらに使ったー」という気持ちになるのだ。

しかしよく考えてみると、当たり前のことに時間を費やす意外性、成り立たせる難しさへの挑戦というか、そういったものを感じるようになった。
あるいはなるべくしてなることの美しさ。

そして他の行動を際立たせる効果。


「コーラを振ったのち、それを静置。君に会いにゆく」

一見何をやっているんだという気にもなるが、前に「コーラを振ったあと、それを相手に渡し」ているため、こういう行動を取る事もあるか。
会いにいく前に緊張していたんだねと感慨深くもなりえる。


「コーラを振ったのち、後ろの座席にバラの花束をたくさん積みこむ作業に取りかかる」

コーラのことは全く無視してしまったわけだが、これも以前、相手に渡したという事実がある限り、いろいろ考えたくなる行動に昇華する。


「東京タワーをキャンドルに見立てるため、喫茶店の席をいそがしそうに変えていく」
もはやコーラがなくなってしまったが、これですら以前の経験から、「振ったコーラ」のことを思い出さずにはいられない。

「今ではこうやって東京タワーをキャンドルに見立てようとしているが、以前は振ったコーラを相手に渡すルーチンワークもやっていたっけ」と。



こうなると、我々はいつ何時も「振ったコーラ」のことを思い出してしまうことに。
そしてそれは、まさに何か青春そのものらしいで、ある症状をもたらしてしまうわけである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。