スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰なコードが畳を掃く。

探しているものといえば「掃除機のコードに巻き付いている赤いテープ」で、これがないとコードを掃除機から引っこ抜いてしまう事になる。

この赤い、ものによっては黄色いテープはコードの終着を示している訳だが、本来ならばこのテープを見るほどにコード長が必要なシーンは、実はあまりない。

「おれの家はこのテープを見るくらい、コードを伸ばす必要があるぞ」

こういう殿方もおられるであろうが、よくみてほしい。

そのコードは余って掃除機に踏まれていないだろうか。
コンセントを身近な位置に移動すれば、そんなにコードを出さなくてもよかったのではないだろうか。

これらが当てはまるのなら、それはコード長に余剰があるわけで、テープを見るくらいコードを伸ばす必要はない。
これらが当てはまらないのなら、住んでるところ広そうだから、お前のレベルは殿だ。


よかったな殿。
ただ、最近の掃除機はコードがないらしいぞ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。