スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使のくだり

こんなことを考えながら川を見てみると、いつもとは違った川が見えてくるかもしれませんね。

そう言って先生は教科書を閉じた。

はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう
はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう

ぼくは最後の行をくり返しつぶやきながら、下校中、いつもの川沿い。
ガードレールから身を乗り出して水面を見ると、魚もいないのに下からつついたような波紋がふたつ、広がった。

はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう
はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう

ふと、僕の目の前を白い羽毛が落ちていく。

風のないその日に、羽毛は周りに空気がないかのようにすっと、緩やかに流れる川へと落ちた。
波紋がひとつ。

この波紋は、誰の、何のための練習なんだろう。

はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう
はもんは、さかなが空に飛び立つためのれんしゅう

はもんは、てんしが地に降り立つためのれんしゅう
はもんは、てんしが地に降り立つためのれんしゅう








僕は天使のくだりを想像させた羽毛がどう用意されていたのかを調べるため、上を見上げた。

そこには小さいくす玉のようなものがあり、それのついているポールが近所の2階から伸びている。
おそらく2階ではポールについているレバーを引くおばさんがいるのだろう。

情操教育も大変だ。


ふと、見上げたくす玉に貼り紙のしてあるのが見えた。


私は今年56歳になります。
母は昔から働き詰めで、86になる今でもその精神は失われておりません。
いつもは私がこのポールを支えるのですが、今日は突き指をしてしまったため、やめておこうかと思いました。
しかし86歳になる母が替わってやると言って聞きません。
本当に聞かないんですから。


ここで貼り紙は終わっている。

よく見るとくす玉が小刻みに震えている。
情操教育も大変だ。



水面に目を戻すと、さっきの羽毛を魚がえさだと勘違いしてつついている。

この波紋は、ふたりの、何のための練習なんだろう。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。