スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視覚的に小麦粉をまぶした体

女子に「花にくわしいのっていいね」とも言われれば、つね日頃ポケット草花図鑑を持ち歩き、花びらを食べ、根の形を見るために穴を掘る。

香りをかぎ、立て札をみ、植えた人に聞く。

そうして種類を見極めたくもなるが、それほどはやりたくない。
ただ、知ってる花がたまたまあった、というくらいだ。


そんな僕から見ても、そのキンギョソウはとにかくぷりぷりしていなかった。

遠くにあるからだろうか。
運転中に赤信号で止まった交差点の、向かい歩道に植わっている植物。

花をつけているのだが、何の花かがわからない。

「あれ、キンギョソウじゃない?」

僕らが思っていた事を助手席の者が発する。

しかし後部座席から「ちょっとぷりぷりしていないんじゃない?」の声。
僕もそうだと答える。

結局、その花が何かは分からなかったが、ひとつ言えるのは「ぷりぷりしていなくちゃキンギョソウじゃない」ということ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。