スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーミングライツ

例えばマスクに対してネーミングライツ的なものが採用されたとすると、それは「○○マスク」などとその名前だけではあまりにもこう、マスクの用途に対して失礼であり、やはりあのキャンパス。
マスク前面に大きく「SB」とか書けばより映える。

例はとりあえずソフトバンクで、とりあえず言いたいことは言った。
マスク前面に何か書くことはないのかということ。

往年のおもしろ系のものとして「VOW」というものがあり、そこには確かマスクに絵の書いてある商品が。
まあVOWに取り上げられているわけだから、少々装着にためらわれるものだった。

だがそれは、多分に人を笑かそうという悪しき意思が見え隠れしており、それが結果的にVOWカテゴリに所属する原因となっていたのである。

冒頭のSBであれば、面白いどうこう以前に「ああソフトバンクの広告だ」と思わせることが出来るだろう。
広告料のおかげで、単価を下げることも可能かもしれない。

JALでもいい。
いろいろ書けそうだ。
そのままJALでもいいし、滑走路から飛び立つ飛行機でもいい。


ただ、「いい」ということにだけ着目すれば、「血がにじんでいる」のは秀逸だ。
マスクににじむくらいだから、結構な量。

「マスクよりも先にやることがあるはずだ」

見ている人にそう思わせる力がハンパない。

ただ、これを冒頭の考え方にあわせようとすると、どうだ。

「血のにじむことが宣伝になる」

保険会社とか?。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。