スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄二

「この度は本当におめでとうございます。司会をやらせていただきます鈴野と申します」

「こちらこそお願いします」

「ではさっそくなんですが、今回ご結婚されるお二人の司会をやらさせていただくにあたり、お聞きしたいことが」

「といいますと」

「どのようなきっかけ、おつきあいがありましたかを拝見したいんです」

「ああ、なるほど」

「そうすると司会にも艶が出ますので」

「いやあ、そんな人に話すような何かはないんですよ」

「ただ、僕と彼女は趣味が合って、それからなんです」

「え、それって何ですか」

「二人とも鉄道が趣味で」

「ああ、最近流行っていますよね」

「そうなんです。二人とも電車とか線路が好きで」

「それで、サークルとか」

「いや、そうでないんですが」

「ここがすごいんですけど、ぼくら、手相が路線図なんですよ」

「どういうことです」

「ほら、僕の右の手のひら、山手線っぽくないですか」

「ほんとだ!!」

「で、彼女の左手がほら、こう」

「おお、中央線周辺だ」

「ね、すごいでしょ」

「井の頭線まである」

「で、こうやって手を合わせると」

「こりゃ東京都の路線図だ・・・」

「そして手相の人に言わせると、東京から立川の中央線が、結婚線なんだそうです」

「すごいですね、結婚線の開通だ」

「僕が中野まで、彼女が中野から」

「いや、これはほんとすごい」

「まあ、こういったいきさつでして」

「でも、ここまで見事だと、地下鉄とかも欲しいですね」

「いやあ、子供はまだ早いですよ」

「!!!!」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。